30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、エンタメ、健康な身体づくりに関するブログです。

なぜか僕の表情のことでケンカをはじめる通りすがりのニューヨーカーたち

外に出かけても誰とも話さず家に帰ってくる。日本ではよくあります。

ですが、ニューヨークでは一度外に出ると他人であったとしても誰かしらと会話がありました。僕はだいたい5人くらいの人と必ず話していたような気がします。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。アメリカの大学に留学経験あり。
Amazon Prime 30日間無料体験を試す

※1分ほどで読み終わる記事です。

f:id:pegastudio:20210618045320j:plain

信号待ちで急に声をかけられる

ある日。いつも通りウォークマンで曲を聞きながらボケーっと信号待ちをしていました。信号を待っていたら隣の人たちから声をかけられました。

こういうことは日常茶飯事でしたが、いつもと感じが違いました。

横を見るとドラッグクイーンのお姉さんが2人。『なにかな』とイヤホンを外します。すると「そんなつまんなそうな顔して歩いてちゃだめよ。」と。

急にダメ出しをくらい、面食らってしまいました。『そんなことないけどな…。』と。ちょっと心にダメージをくらいつつ、「OK」とひとこと声をかけました。そしてあとは無視することに。

するとドラッグクイーンと反対の隣にいたスーツのお姉さんが一言。

「そんなことないわよ。安心しなさい。」と僕を助けるようなひとことを。

するとドラッグクイーンが意見を…。

そして、お姉さん同士が言い合いに…。

あいだに挟まれる僕を素通りして両者の掛け合いがスタートしてしまいました。(笑)

僕には発言権がない…。

『なんなんだ!この状況は!!!!』

やっと信号が変わる

僕はただただ早く『信号よ変わってくれ!!』と思っていました。そんなに長くないはずなのに、すごく長く感じました…。

信号が変わると、急に「バーイ」と言って散っていくお姉さんたち…。それぞれカラっと去っていきました。

残された僕は呆然…。

『なんだったんだ…』

ただ、あんまりつまんなそうな顔にならないようにしよう、とも思いました。

ニューヨークは不思議な街です。

話すための英語上達法

最後に英語上達に関する記事です。基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に…

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

ありがとうございました。