30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、エンタメ、健康な身体づくりに関するブログです。

「バクテン!!」と「舟を編む」と大渡海!ノイタミナで放送中

男子新体操をテーマにしためちゃめちゃさわやかなアニメ「バクテン!!」。

フジテレビのノイタミナ枠(木曜24:55~フジテレビ)で放送されています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。年間100公演ほど舞台を観に行ったことのある劇場フリーク。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画三昧。
Amazon Prime 30日間無料体験を試す

※3分ほどで読み終わる記事です。

f:id:pegastudio:20210428033220j:plain

「バクテン!!」

何事にもイマイチ本気になれない、双葉翔太郎ふたばしょうたろう。たまたまアオ校の男子新体操と出会った翔太郎。新体操を通して熱い高校生活がスタートする。

東日本大震災から10年。岩手県・宮城県・福島県の被災3県を舞台にしたアニメ作品プロジェクトとして制作されました。

東北は男子新体操が盛んです。男子新体操部出身のパフォーマンスグループで「BLUE TOKYO」というスゴイ集団がいます。たしか全員、青森山田高校、青森大学出身だったと思います。僕も舞台でスタントの監修としてご一緒したことがあります。レベルの高さがスゴかったです。

実際に舞台を観たことがありますが、とにかくスゴイです。その「BLUE TOKYO」も新体操シーンに参加している「バクテン!!」。

翔太郎の心の動きがアニメで美しく表現されています。バクテンが初めてできるという感覚はきっとこんな感じなんだろうなー、と自分の感情と重なりました。

男子新体操

男子新体操は個人と団体があります。団体は女子と違い、手具を使わないようです。

男子新体操は体操の受け皿になっているんじゃないかな、と思います。体操競技は人口が多いものの競争が激しい。もちろん新体操を最初から志す人もいると思いますが、体操競技から落ちてしまった人にとってとてもいい環境に思います。

ここからダンスの世界に行くという選択肢も広がりそうです。

実際、劇団四季でも体操からダンサーに転身する人も多く、アクロバットができるというのはかなりのプラスポイントになっていました。

あれ!「大渡海」

一番僕の心にひっかかったシーンは翔太郎の部屋の中。高校受験に向けて学校選びに悩む翔太郎。その本棚に国語辞典「大渡海」が!

この「大渡海」は同じくノイタミナ枠で放送されていた三浦しをん原作のアニメ「舟を編む」に登場する辞書です。「舟を編む」は辞書編纂がテーマの心にずっしりくるアニメでした。

実は「バクテン!!」の監督:黒柳トシマサさんが「舟を編む」も監督していました。しかも同じアニメ枠。ZEXCSがアニメーション制作を同じく担当しています。

ということで、しれーっと本棚に潜んでいたようです。

隠れミッキーを見つけたような感覚になりました。

バクテンはやっぱり永遠の夢だ。

ありがとうございました。