男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

白髪&抜け毛予防に水素で頭皮洗浄を! TBS「教えてもらう前と後」冬老け改善!(11月13日)

f:id:pegastudio:20181124155134j:plain

11月13日に放送された、

TBS「教えてもらう前と後」冬老け改善!白髪&抜け毛を大改善スペシャル

の紹介です。

水素吸入や水素を使った頭皮洗浄は抜け毛、白髪に効果を発揮するといわれています。

これに加えて、自宅でのケアがしっかりできれば効果が倍増します。

 

 

白髪特集

まずは白髪に関しての噂。

正しいか、間違っているか、友利先生の解説がありました。

➀ 白髪を抜くと増えてしまう?

✖ (白髪を抜いても増えません)

白髪が増える原因はメラノサイトの働きが低下することに起因します。

詳しくはこちらよりどうぞ

ちなみに、白髪が気になる場合は抜くのではなく、根本に近い場所で切りましょう。

② ストレスで白髪は増える?

〇 (ストレスは白髪の原因になります)

ストレスが溜まると血流が悪くなります。

身体にある血管は90%が毛細血管です。

この毛細血管を通して身体中に酸素や栄養が運ばれます。

心臓から遠い位置にある頭皮の毛細血管は、ストレスがかかると栄養が滞りがちになります。

こうなると、メラノサイトの活動が抑制されてしまい、白髪が増える原因になってしまいます。

③ 白髪が黒髪になることはある?

〇 (白髪が途中で黒髪になることはあります)

ただし、メカニズムは解明されていません。

なんらかの原因でメラノサイトにスイッチが入ると、白髪が黒髪に変化します。

f:id:pegastudio:20181124142840p:plain

こんな髪の毛になります。

友利先生は、「白髪を黒髪にするメカニズム」を解明できればノーベル賞を獲得できる、とも言っていました。

抜け毛特集

抜け毛にも いい抜け毛 と 悪い抜け毛 があります。

これはシャンプーや髪をとかしている時、抜けた毛を簡単に確認できるので、定期的にチェックするといいようです。

良い抜け毛

f:id:pegastudio:20181124144326p:plain

体毛は成長が終わると自然に抜け落ちます。

このサイクルは身体の場所によって期間が異なりますが、髪の毛は6年ほどまで伸びる場合があります。

図のように毛根鞘(もうこんしょう)が白くなっている場合、成長しきった抜け毛と判断できるのでイイ抜け毛といえます。

悪い抜け毛

イイ抜け毛とは対照的に、根本が黒い抜け毛は髪の毛の成長途中に抜け落ちたと考えられます。

細い毛、短い毛は要注意です。

ヘアサイクルが数ヶ月~1年と短い可能性が高いです。

毛根がしっかりしていないために抜け落ちていると考えられます。

悪い抜け毛の原因は?

皮脂がつまっている!

皮脂が毛穴に詰まっていると、毛穴の周辺に炎症が起こります。

ですので、皮脂のつまりを改善させることで抜け毛の予防になります。

正しいシャンプーで皮脂のつまりを取る!

白髪にも、抜け毛にも、効果を発揮します。

番組では、天皇陛下の元理髪師の方のシャンプー法が紹介されていました。

➀ 予洗いで7割の汚れは落ちる

予洗いとは、シャンプーをつける前にお湯だけで髪を洗うことです。

シャワーヘッドを頭皮から5cmほどに近づけ水圧を高めます。

ポイントは、39℃前後のお湯で3分ほど洗うことです。

お湯が熱過ぎると必要な皮脂まで落としてしまうので温度には注意が必要です。

② 髪の毛ではなく頭皮を洗う

シャンプーをするときは、髪の毛に意識がいってしまいますが、

頭皮を洗うのが本来の目的です。

髪の毛を泡立てネットのようにして、キメ細かい泡を作っていきます。

空気を含ませて洗っていくのがポイントです。

キメの細かい、リッチな泡は毛穴の汚れや皮脂を効果的に除去してくれます。

③ 桃を触るイメージで頭皮を洗うべし

指の腹を頭皮に密着させ、揉み込むように洗うことで、毛穴の汚れを押し出します。

ガシガシ洗うのではなく、

指は滑らせるように優しく使っていきましょう。

④ すすぎは洗った時間の2倍

泡を感じなくなってから1分が目安になります。

長めに丁寧にすすいでいきましょう。

正しいドライヤーの使い方

またまた天皇陛下の元理髪師の方のドライヤーの方法です。

自然乾燥はダメ!

頭皮はそもそも雑菌が繁殖しやすい環境です。

水分が頭皮に残ると雑菌がどんどん増えてしまいます。

これが頭皮の炎症やかゆみの原因となってしまいます。

お風呂から出たら、なるべく早くドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーの動かし方

ドライヤーは頭皮から20cm以上離しましょう。

ドライヤーの温風は平均100~110℃と高温です。

20cm以上離すと60~70℃になり、ちょうどいい温度になります。

ちなみに、ドライヤーにスカルプモードなど、低い温度設定がある場合は近づけても大丈夫です。

熱風の場合は、ドライヤーを動かし、頭皮へのダメージを抑えることもポイントです。

髪の毛が8割程度乾いたら冷風を使う

髪の毛をしめるというイメージです。

キューティクルが保たれるため、ツヤを実感できます。

身体の血流をよくする運動

酸素や栄養を頭皮に届けることが重要です。

番組では、そのための運動が紹介されていました。

ゴースト血管

血流を測定器で調べている際、血管に血流が届かなくなると無色透明になってしまいます。

幽霊のように消えてしまうことから、血流の悪い血管のことをゴースト血管と命名しています。

毛細血管がゴースト化すると、体の隅々まで栄養が行き渡りにくくなり 抜け毛・白髪・冷え症につながってしまいます。

偏った食生活や運動不足などが原因となります。

かかと落とし運動

第2の心臓といわれるふくらはぎを鍛えることで血流の改善にアプローチする方法です。

詳しくは動画をどうぞ(1分30秒ほどです)


話題の「かかと落とし」をやってみました 【名医のThe太鼓判】

 

水素での頭皮洗浄で皮脂をごっそり除去!

当サロンでは、普段絶対落とすことのできない汚れをごっそり落とす、頭皮洗浄というメニューがあります。 

ぜひ、抜け毛、白髪予防対策にどうぞ!!

 

たけだ