30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、脱毛、健康な身体づくりに関するブログです。

E-girlsが正式に解散!!ABEMAで6時間ぶっ通しE-girls。

E-girlsが解散してまいました…。

テレビ朝日系のネット番組で18時~24時まで6時間E-girls特集がありました。

以前E-girlsを紹介した記事はこちら。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。ぜひ男性にもバレエを観に行ってもらいたいと思っています。

※3分ほどで読み終わる記事です。

E-girlsが正式に解散!!ABEMAで6時間ぶっ通しE-girls

好きになった理由

記憶が美化されているかもしれないですが、すごく記憶に残っているエピソードがあります。

音楽番組でアイドル(AKB48みたいなグループ)と一緒に共演していたときの話です。

アイドルグループの女の子が、カメラに映るときはちゃんとカメラ目線でキメ顔をする、と話をしていました。

それに対し、大多数のe-girlsが「え、気にしたことない…」みたいなことを言っていました。

このときめちゃめちゃカッコいいな!と。

みんなパフォーマンスにとにかく集中しているんだろうな、と。

たまたまyoutubeで見かけた昔の映像で、今残っているかもわかりません。

それまでにもe-girlsの曲は知っていたし、イイ曲だな、と思っていましたが、このエピソードで一気に興味がわきました。

そして、リーダーの佐藤晴美さんがドキュメンタリーでE-girlsについてこう語っています。「曲の世界を表現するっていうことにすごく徹している感覚だった」。

本物のドキュメンタリー

そんなE-girls最後のライブ前にABEMA TVでドキュメンタリーが放送されました。

今も見逃し配信を見ることができます。

2時間のドキュメンタリーです。

最後のライブができあがるまでと、関係の深いメンバー2人での対談がメインで、かなりリアルな空気感でした。

もちろんE-girlsを知っている方が楽しめるんですが、初見でも感動できるんじゃないかと思います。

長くいても話さないこと

「え、そんなこと思ってたの?」と話していたのがすごく面白い部分でした。

E-girls11人の仲は良さそうなんですが、適度にキョリをとっているイメージがあります。

ボーカルが3人いて、パフォーマー(ダンサー)が8人います。同じグループで仲間なんだけど、ライバルでもあるという雰囲気。

だからこそ言わないことがきっとあって、それがこのドキュメンタリーで最後だから話すという感じでメンバーが話しています。

印象に残ったのは石井杏奈さん。今後は女優として活動していくそうですが、「E-girlsとじゃなきゃ踊らない」と言ってたのがカッコよかったです。

有終の美

この時期に解散したことで、これだけ華やかな終わり方、スッキリとした終わり方になったのかな、とイイ解釈をしています。

「最後だと思うと急にその時間が大切になる」というのは誰しも経験しているんじゃないかな、と思います。僕もその感じを思い出しました。

そして号泣しました。

涙をたくさん流してスッキリしました!!

ライブ後の様子まで放送されていました。ちなみにライブは有料で配信中です(112/31まで)。

最後にMusic Videoの紹介です。


E-girls / Smile For Me

好きな曲はたくさんあるけど、最後はこちらでさよならです。

 

E-girls、どうもありがとうございました。