男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

水素水の保存にベストな容器は?飲む量?まとめ買い?

f:id:pegastudio:20181017141545j:plain

 水素の分子はとても小さいため保存するのはなかなか大変です。水素水を保存する容器は、アルミパウチステンレスボトルペットボトルが挙げられます。この中で水素の保存に適している容器はどれでしょうか?

 

水素は3時間で水素水から抜けてまう?

f:id:pegastudio:20181017135713p:plain

「水素水をコップについで3時間くらい経つと、水素は抜け出て半分になります」
水素研究で有名な日本医科大学太田成男教授「新・水素水とサビない身体」より

 水素水はすぐ飲むのが一番効率的ですが、焦って飲む必要はない!ということです。

水素が抜けやすい理由

 水素は空気に触れると逃げて行ってしまいます。水素分子は宇宙で一番小さい分子のため非常に軽いし速いのが特徴です。また、分子は「分子量が小さいほど動きが速くなる」性質があります。つまり、水素は真空中では秒速1.7km(時速6,000km)にまでなります。この「小さい」「速い」という水素の特徴が、抜けやすさにつながっています。

水素を保存するベストな容器は?


(株式会社ユーピー調べ)

第1位 アルミ製
第2位 ステンレス製
第3位 ペットボトル

アルミ製のパウチタイプが一番!

CRYSTAL水素水

 こちらのようなタイプです。キャップを閉めることができるので、長い間、水素濃度を保つことが可能です。

【ポイント!】閉める時、空気をできるかぎり抜く

➀ 水素水飲み口からこぼれる状態まで押し出し、キャップを閉める。
②  容器を振り、中から音が出なければ空気が抜けている状態。
 飲み口が横になるように横置きで保管すると水素が抜けにくい!
注)アルミパウチが薄い場合は注意です。

蓋つき「ステンレス」と「アルミ」のボトルでも水素濃度は保てる

 密閉できる「ステンレスボトル」「アルミボトル」の場合、しっかり蓋を締め保存していれば、グラフの通り3日間ほとんど水素濃度が変わりません。仕事場やジムなどで水素水を活用する方法として人気です。

ペットボトルは論外

 今は見かけなくなりましたが、水素水がペットボトルで売られている時代もありました。この場合、間違いなく水素は抜け出ています。水素分子の方が、ペットボトルのスキ間よりも小さいためどんどん抜けていきます。開封時、ペットボトルの中に水素が存在している可能性はほぼ無いです。

1日に飲む量は?

前述の太田教授によると

「年齡やそのときの状況、つまり活性酸素が体内にどれくらい出ているかによって異なるので一概には言えないが、経験上、1日に300ml~500mlがいいと思う」

(出典:太田成男著『水素水とサビない身体』2013小学館より)

 ただ、水素副作用はありません。たくさん飲んでもまったく問題ありません。その場合は、時間を空けて飲む方が効果てきです。

長期間のまとめ買いに注意!

 水素は封入時から少しずつ抜けていくため賞味期限内に飲みきることが大切です。通常、水素水の賞味期限は3ヶ月~4ヶ月。水としての賞味期限は2年くらいありますが、水素水としての賞味期限は短くなります。賞味期限内だからと言って「作りたて」と「3か月後」では、水素量が違います。送料を抑えるためにセットで買うこともあると思います。ですが、水素水の場合「新鮮な水素水」を賞味期限に余裕をもって飲む方が効率的です。
 「3ヶ月に1度」より「1ヶ月に1度」新鮮な水素水を受け取るのがおススメです。水素は継続が重要です。切れ目が出来ないよう、「定期購入」をおススメします。「定期購入」は割引制度があり、送料無料で送ってくれるメーカーがほとんどです。

ぜひこういった制度をうまく活用していきましょう!!

たけだ