働く男性のための脱毛・水素情報サイト

PEGA 脱毛・水素 Studio 茅場町店。本日も営業中~

ヒゲ脱毛とヒゲ剃りの徹底比較。時間コストの大幅削減。

f:id:pegastudio:20181012223646j:plain

30代、40代男性から「ヒゲ脱毛」が人気です。

ヒゲ剃りを面倒に思う男性が多くなっています。というのも、多くの職場でヒゲが認められていないからです。「ヒゲ剃りが毎日続くのか…」

こんな風に、毎日のヒゲ剃りがわずらわしいと思っている男性が急増中です。20代だと「まだヒゲが必要かもしれない…」と思いますよね。しかし、30代になると「ヒゲ結局いらないじゃん!」という意見が一気に上がります。

そこで、選択肢にあがるのが脱毛です。「➀これから毎日ヒゲ剃りを続けること」と、「➁エステサロンでのヒゲ脱毛」、どちらがお得なのかを徹底的に比較します。

ちなみに、このコスト・・・。

費用だけで考えてしまってはもったいないです。
実は、時間のコストに大きな違いが生まれます!!

今回は、
① T字カミソリ
② 電気シェーバー
③ 当サロンのヒゲ脱毛
で比較します。

※2018年10月12日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年5月4日に再度公開しました。

[:contents]

自己処理と脱毛の比較(40年間)

f:id:pegastudio:20190206223851p:plain

T字カミソリと電気シェーバーで、40年間使用した計算です。

費用に関しては、お使いのシェーバーによってコストが変化しますので、ぜひご自身のもので比較してみてください。

本来なら「脱毛の方が安い!」と言いたいところですが、カミソリが1番割安です。次いで脱毛10回。ただ完全になくすには、10回では難しく、15回~20回は必要です。

ポイントは、➀カミソリ、➁電気シェーバー、③脱毛、ともに費用に関しては、そこまで大きな変化はありません。

時間の大幅な節約!!

ついつい時間の価値を忘れてしまいますが、時間をお金に換算してみます。
マイナビの調査によるとサラリーマンの時給換算の平均額は「1486円」です。

時間コストをお金に換算すると…

カミソリ・電気シェーバーともに1000時間!!
脱毛にかかる20時間を引いて980時間で計算します。
この時間を労働時間として、時給換算してみると・・・

145万6280円!!


費用と時間を組み合わせると、かなりお得です。

自己処理に使用したT字カミソリと電気シェーバー


今回はできるだけ機能に優れ、お得な商品を取り上げました。

 価格: ¥ 6,080

 価格: ¥ 18,970

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 5枚刃 黒 ES-LV5C-K

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 5枚刃 黒 ES-LV5C-K

 

 価格: ¥ 4,997

パナソニック 替刃 ラムダッシュ メンズシェーバー用セット刃 ES9032

パナソニック 替刃 ラムダッシュ メンズシェーバー用セット刃 ES9032

 

カミソリは「1ヶ月で交換」とし、3年でこのセットを使い切る計算です。

電気シェーバーは質のイイ5枚刃。10年使用とします。替刃は2年で交換とさせてください。10年で本体1個、替刃4枚という計算です。

脱毛に感してはほぼなくなるレベルになるのは、20回です。もちろん10回程度で終わる方もいるので、その費用も載せています。

 

もう一つの脱毛のメリット


見た目が若くなり、清潔感がアップするのが最大のメリットです。

カミソリや電気シェーバーでは朝に剃ったとしても、夜になれば「青ヒゲ」が出てくる方もいると思います。脱毛すれば、青ヒゲの心配もなくなります。

たったこれだけで、見た目が若くなります。

そして清潔感もアップします。カミソリや電気シェーバーは肌を傷つけてしまいます。30代を超えてくると肌にダメージが蓄積され、疲れた印象になりがちです。脱毛をすることで肌へのダメージが劇的に改善されます。

もちろん、脱毛すると、化粧水や乳液などのケア用品も少なくて大丈夫です。これもある意味、節約です。

徹底的に比較してみました!

当サロンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

f:id:pegastudio:20190213135858p:plain

【LINE 友達追加での特典】
初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

f:id:pegastudio:20190213140614p:plain

どうもありがとうございました!!

たけだ