男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

脱毛の光線は肌にイイ?

 f:id:pegastudio:20181013001010j:plain

 脱毛をすると肌がきれいになったと感じる人もいます。この肌がきれいなったとは、ヒゲ剃りが減ったことで感じるだけでなく、肌自体にハリが出るということです。
 実は、脱毛の光線の波長と、肌質改善に行う光治療のフォトフェイシャル、2つの波長には類似点が多いのです。

 

フォトフェイシャルとは?

 肌にカメラのフラッシュのような優しい光を照射し、ターンオーバーを促します。ダメージを最小限に抑え、肌トラブルも起きにくいため、気軽に受けられる治療です。肌本来の機能を回復させ、自己再生能力に働きかけます。効果としては、肌トラブルの改善(ハリ、ツヤ、美白、シミ、そばかす、毛細血管が広がって見える赤ら顔、毛穴の開き、細かいしわ)です。肌のトラブルは同時に起こることが多いですが、複数の症状を一気に解決でき、アンチエイジングにかなり期待ができる治療です。
 また優しい光のため、ダウンタイムがない(施術後すぐに洗顔やメイクが可能)のが特徴です。
 痛みは、輪ゴムではじかれるくらいと考えて大丈夫です。

 フォトフェイシャルで使用する光は、IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる特殊な光です。その中でも紫外線をカットし、肌に有効な光だけを照射します。

f:id:pegastudio:20181012233228p:plain

 このIPLという光は肌にシミとして残るメラニン色素に反応するので、正常な組織を傷つけることなく、トラブルを起こしている場所だけに照射していきます。ですので、特にシミに効果を発揮するといわれています。

    ・・・炎症性のニキビ
    ・・・しみ、そばかす、ニキビ跡
    ・・・赤ら顔
オレンジ ・・・毛穴、小じわ、肌質改善
    ・・・抗炎症、肌に弾力

 色により波長が異なり、肌の浅いところから、深いところまで一気に照射していきいます。

脱毛もIPL(インテルス・パルス・ライト)光線を使用

 ここからが本題です。

 

f:id:pegastudio:20181013000605p:plain

脱毛では毛根に光を照射していきます。(詳しくはこちらからどうぞ)
 毛根は基本的に表皮の深いところに存在しますが、時々深いと場所に存在することがあります。これを照射するために、波長が多い、IPL光線を採用した、光脱毛の機械が多いです。この脱毛の光は、フォトフェイシャルの光と重なります。
 というわけで、光脱毛をすることで、肌がふっくらする、ということが起こるのです。

 これは2次的な効果になりますが、肌のターンオーバーを活性化するフォトフェイシャル。それと同じ方式を使う光脱毛。こういったおもしろい効果がある、という記事でした。

ありがとうございます

たけだ