30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、脱毛、健康な身体づくりに関するブログです。

金子扶生(ふみ)さんが英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルに昇格

とてもめでたいニュースが飛び込んできました。ブログを編集していたら金子扶生さんに関する検索が急に増えていて、なにがあったんだろうか…、と思っていました。

すると金子扶生さんの昇格のニュースが!

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。

※1分ほどで読み終わる記事です。

f:id:pegastudio:20210520182650j:plain

英国ロイヤル・バレエ団より

金子扶生さんが最高位であるプリンシパルに昇格しました。

2011年に英国ロイヤル・バレエ団に入団し、2年目には主役を踊っていました。そのころから評価が高かったものの、2度のヒザのケガがありました。2回の手術と長い療養期間。

2018年~

そして2018年ころからさらに勢いを増していきます。

2019年の「眠れる森の美女」のライブビューイングでの主演がとくに素晴らしい公演でした。もともと主役はローレン・カスバートソンが踊り、準主役であるリラの精を金子扶生さんが踊る予定でした。ですが、ローレン・カスバートソンが直前にケガをしてしまいます。このとき金子扶生さんが代役に指名されます。

「眠れる森の美女」のような人気の作品は公演期間が長いため、ダブルキャスト、トリプルキャストというレベルではなく、8組ほど主役カップルが配役されます。そのため、ローレン・カスバートソンの代わりに踊れるダンサーは何人もいます。ですが、わざわざ金子扶生さんが主役にスライドしていきました。

これだけ期待されていたということだと思います。そのときはあまりのプレッシャーに泣いてしまった、とどこかのインタビュー記事で見ました。

この公演が大成功。プリンシパルになる日は近い、とさらに期待されていました。

ですが、コロナ禍になりそんなチャンスもないんだろうな、と思っていました。

そんなときプリンシパル昇格のニュースが!

めでたいです。

さらに詳しくはこちらからどうぞ。

金子扶生さんの踊りはすごく品があって、大人っぽいです。金子扶生さんがいると舞台の雰囲気もすごく変わるので、これからの活躍にとても期待しています!

英国ロイヤル・バレエ団の映像作品にもよく登場しています。

ありがとうございました。