ジャズ男(ダン)ス

英語,ダンス,脱毛,水素のブログです。目黒にメンズ脱毛サロンを運営中。

英語を話すのに文法は必要か? youtuberがっちゃん

英語の勉強方法を聞かれることがあります。僕は今も勉強継続中です。

よく聞かれる質問が、「文法知らないとダメですか?」というものです。


僕の考えでは、「文法力」はやっぱり必要です!
今回はこの文法力を掘り下げて考えていきたいと思います。

本記事の内容

 

※3分ほどで読み終わる記事です。

僕は大学生にTOEICを中心に英語を5年間教えていました。僕自身905点持っていますが、生徒たちを900点台後半までに伸ばす指導をしていたなかで、得た知識を書いています。

※2019年4月2日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年12月8日に再度公開しました。

 

挫折しないための超おススメ動画!


文法に関しては、留学していて切実に感じたことで、英語を教えている時も、できるだけ生徒に伝えていました。でも、中学・高校で習ったような文法は必要ないと思います。

 


英語が超ラクになる「日本語との決定的な違い」 

(ちょっと長いですが、本当にいい動画!!)


英語は位置の言語


がっちゃんの動画では、「英語は位置の言語」と言っています。

この考え、大賛成です。

実は、僕が5年間教えていた、東進ビジネススクールでは、大西泰斗先生(NHKで講座を持っていました)の授業があり、まったく同じことを教えていました。

でも、がっちゃんの動画に比べると、カタい!!

下記の本、僕も持っているんですが、最後まで読むのはなかなか大変です……。しかも何回も読む必要あります。

 


この本は日本の英語教育に大革命を起こしました!!


僕が教えていたスクールには、この「一億人の英文法」に基づいた映像授業がありました。この授業をもとに英語を教えていたので、繰り返し見ていました……。

僕が若い時に知りたかった内容でした。「一億人の英文法」は本当におススメです。

日本人は文法得意な人が多い!

 f:id:pegastudio:20190402205952j:plain

文法が得意な日本人は多いと思います。これは事実だと思っていて、英語を教えていた時も感じていました。

なぜか大学受験を終えると、文法なんか気にしなくていいから、英語話せるようになろうよ!!みたいな風潮になっていきます。

実際、これは正しいんですが、完全に正しくない。僕は、日本人として英語を学ぶ際、語彙力・文法は絶対に欠かせないと思っています。というのも、せっかく文法が得意なら、得意なものを生かして勉強した方が上達が早いです。

残念ながら日本語と英語の文法は共通点が少ないです。ですので習得には時間がかかります。

これは、がっちゃんが映像でも言っています。

「文法なんか気にせず伝わればいい!!」とおっしゃる方もいます。確かに旅行であれば十分です。単語さえ並べれば、意思疎通はできます!

でもコミュニケーションをとることを目的にしている人にとっては不十分です。 

単語並べるだけだとコミュニケーションにはなりづらい


日本語において、大人の僕たちでも幼稚園生とコミュニケーションをとることができます。

ですが、この時大人は幼稚園生に合わせて話しているはずで、政治の話や、深い話をすることは難しいと思います。

これは英語に関しても同じで、文法のレベルが小学生レベルだと、小学生レベルの内容の話しかできない、と思っています。なので、最低限中学生レベルの文法が必要です。

留学した時も、このことは特に意識しました。ぼくがちょうど留学していた時は、「第二次大戦中の日本人の強制主要所」の話がアメリカでは語られていました。僕は日本人としてこの話は知っていましたし、戦争中の話で仕方がないと思っています。

ただ、この時、この話題に関して「ごめんなさい」と言われることが多々ありました。こういう話をするときは、文法力も必要だし、時代背景を知っている必要もあります。

英語にも敬語はあるよ


最後に、時々「英語には敬語がない」という方もいますが、そんなことはありません。これは、大西先生も語っています。 


過去の時制を使うことにより相手との距離をとります。

距離をとることによって、相手のパーソナルスペースから一歩外に出る、というイメージです。例えば下記のようにホテルの受付では、スタッフとお客様のやり取りは丁寧な英語が使用されます。

f:id:pegastudio:20190402204737j:plain

ちなみに右側は過去形を使っていますが、現在形です。こうすることで、敬語の代わりに使用されることがよくあり、急に過去形を使用されてびっくりしてしまうということもよく起こります。

 

文法の勉強はTOEICからがオススメ

せっかく英語の勉強をするのであれば、資格も一緒についてくるTOEICがまずはオススメです。TOEICの勉強をしっかりすると、文法の基礎力がしっかりつきます。

英語の勉強を始めたいけど、なにから始めていいかわからない方はTOEICから始めてみてはいかがでしょうか?

僕は、アプリで勉強できるスタディサプリ↓をおススメしています。

今回、文法は最低限必要という内容をお伝えしました。
どうもありがとうございました!!


東京の目黒駅にあるメンズ脱毛サロンの情報は下記からどうぞ。

f:id:pegastudio:20190213135858p:plain


【LINE 友達追加での特典】

初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

f:id:pegastudio:20190213140614p:plain

たけだ