男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

効果の高い水素吸入! 水素の摂取量が圧倒的に多い

f:id:pegastudio:20181024143740j:plain

 今回は水素吸入に関してです。水素を摂取する方法はたくさんありますが、中でも水素吸入はベストな方法と言われています。僕のサロンでも水素吸入を導入します。水素吸入の良さを客観的にみていきます。

 

方法

 鼻に専用チューブであるカニューレを装着し、ガス状に発生させた水素を鼻呼吸するだけで吸入する、という非常に簡単な方法です。この方法だと、水素を鼻の内部にある毛細血管から粘膜吸収させていきます。人間は身体の外にある様々な異物が体内の中に侵入するのを防ぐシステムが備わっています。ですが、鼻から水素を吸入する方法はこのシステムの影響を受けにくく、吸収率が圧倒的に高いことがわかっています。
 吸入中はリラックスしている状態がベストですが、何をしていても大丈夫です。水素吸入は酸素カプセルと比較されることもありますが、酸素カプセルは密閉された空間に入らないといけないので快適さに大きな違いが生まれてしまいます。また、水素は無味無臭なので、吸入中に不快な思いをすることはありません。つまり、身体への負担なく簡単に水素を摂取するベストな方法といえます。

 約10分の吸入で血流に乗った水素が体全部に行き渡ります。特に、水素が脳に届きやすいといわれていて、足先、指先にまで、水素がめぐります。最低60分行うことが望ましく、平均して90分行うと効果が実感しやすいです。気になる症状がある方は120分行っています。

効果

 水素の働きで、老化や病気のもととなる悪玉活性酸素を除去します。「疲労回復」「若返り」「美肌」への効果が期待でき、継続的に受けることで、効果が実感できます。ちなみに、二日酔い、筋肉痛など体にストレスがかかった状態で水素を吸入すると効果はすぐに実感できます。

 さらに詳しい効果はこちらよりどうぞ!

60分の水素吸入で、水素水のペットボトル(500ml) 40本分!!

 これが水素吸入最大の特徴です。水素水や水素バスといった方法で水素をより多く摂りたいと思った場合は、飲む量を増やしたり、お風呂に浸かっているいる時間を増やす必要があります。とはいえ、水を10ℓ飲んだり、お風呂に2時間以上入る、ということは現実的ではなく、身体にも大きな負担になってしまいます。一方、水素吸入の場合は体調により水素摂取量を調節することができます。もし、水素の摂取量を増やしたい場合は単純に時間を延ばせばいいだけです。かつ、吸収効率がいいため、2時間を超えることはありません。

水素ガスの発生方法

(1)水の電気分解

 一番一般的な方法です。水素ガスの濃度が4%を超えると爆発する可能性が出てきます。特に電気と結びつくと爆発の可能性が残されていますが、現在は高い安全性が証明されています。

(2)加熱式・高熱処理

 水素を水素原子として発生させることが可能です。水素分子で摂るよりも水素原子で摂る方が効果が高いので、おススメの方法です。 

(3)化学物質との反応

 この方法は水素吸入ではあまり用いられていません。というのもコストがかかってしまうからです。そのためメジャーな方法ではありません。

濃度に関してはメーカーのホームページで要確認

 基本的に水素ガス濃度は1%あれば十分効果が期待できます。水素水と水素吸入の換算値が各メーカーに開きがあります。これは、水素の量の換算に統一された規格がないため、数値を発表するメーカーがどう捉えているかで変わってしまっています。とはいえ、各メーカーで数値を発表していると思いますので、必ず確認するようにしましょう。

 さらに詳しい説明はこちらよりどうぞ

水素吸入中・後にお体に起きる反応について

 悪玉活性酸素と結びつくと水素は、無害な水に変わり排出されます。そのため、身体に負担になることはありませんが、いろいろな反応が見られます。

記憶力が高まる

 脳にθ(シータ)波が出るためです。そのため水素吸入しながら勉強することもおススメです。とはいえ、パソコンやスマホを使うとブルーライトの影響を受けてしまうため、紙媒体での勉強の方がいいと思います。

トイレが近くなる、尿量が増える、汗が多くなる

 水素が悪玉活性酸素と結びつき、尿や汗として体外へ排出しようとするためです。また濃い色になった場合は、身体に悪玉活性酸素がたまっていた証です。

頭がスッキリする

 水素が脳まで行き渡り、悪玉活性酸素の処理が進むと感じられる反応です。だいたい45分ごろから60分を経過したあたりで感じられます。

まれに、不快感、頭痛、倦怠感

 これは、長年蓄積された悪玉活性酸素が、徐々に排出される過程で一時的に感じる現象です。ツラい場合は無理せず、一度様子をみましょう。

頻度に関して

 水素が身体に留まるのは、個人差はありますが、だいたい7時間~76時間といわれています。気になる具体的な症状がある場合は、数日ごとに定期的に吸入すると効果が高まります。ですが、健康、美容、予防医学のためであれば、細胞の再生周期に合わせて続けていくといいと思います。予算の都合と合わせ、最低でも1ヶ月に1回行うことをオススメします。

厚生労働省の「先進医療B」として承認

 水素吸入は医療の現場で取り入れられていおます。心筋梗塞などで心停止状態になった患者に、水素ガスを吸わせることで、寝たきりになるなどの後遺症を減らせるかどうかの実験が行われています。 

 こちらに詳しくのっています。

 また、水素ガス濃度は2%を超えるとこの先進医療Bに認定されます。

まとめ

 「ビューティーワールド ジャパン2018」5月14日~16日で水素吸入の機械の展示が数多くありました。海外のメーカーも水素吸入に注目し始めています。これから水素吸入需要はどんどん高まってくると思います!

 当サロンでは効果が高いスイソニアを導入する予定です。よろしくお願いします!

たけだ