男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

脱毛の痛さレベルは? 1回目は痛い! 皮膚の薄い場所は繊細です。

f:id:pegastudio:20181029115722j:plain

 光脱毛で痛みを表現する場合はよく、 「輪ゴムでパチッとはじいて皮膚に当てる感じ」 と表現されます。 実際、痛みを感じる部位もあれば、 全く感じないこともあります。
 脱毛を考える際は痛みは特に気になる部分だと思います。今回は光脱毛の痛みに関してです。

 

痛みが怖い場合は光脱毛を!

光脱毛   ・・・ 約70℃
レーザー脱毛・・・ 約200℃

 光脱毛は、 医療クリニックで行うレーザー脱毛と、 エステサロンで行う、フラッシュ脱毛に分かれます。

 レーザー脱毛は上記の通り温度が光脱毛の倍以上あるので、正直、痛いです。 そのため、麻酔を使う場合もあります。 麻酔を使ってくれる場合はまだいいですが、そうでない場合は覚悟が必要です。

 それに対して光脱毛は痛みにかなり配慮された設計になっています。痛みを感じやすい部位でも、無理なく我慢できるので、安心して大丈夫です。

痛みを感じやすい部位

 とはいえ、脱毛で痛みを感じやすい部位というのも存在します。特徴としては、皮膚が薄い部位や毛が密集している部位は、熱が身体に伝わりやすくなるため、痛みが出やすいと言えます。

【痛みが出やすい部分】 

Vライン
Iライン
アゴ
鼻下


 こういった部位は他の部位に比べて痛みを感じやすい部位となっています。

痛みを軽減する方法もある!

 痛みの有無は、サロンが使用している機械の性能によるものと考えられがちですが、実は自分自身で努力できることもあります。

➀ 日焼け対策を行う

 光脱毛ではムダ毛に含まれるメラニン(黒い色素)を狙って光を照射していきます。このメラニンは日焼けすることで、肌に含まれてしまいます。つまり、日焼けをすると照射の光が肌にまで作用してしまい痛みが出てしまいます。また、本来ムダ毛だけを狙いたい光が肌に分散してしまうと効果も薄れてしまうので、日焼けは特に注意しましょう。

② カフェインを控える

 カフェインは神経を敏感にするため、痛みが感じやすくなる場合があります。当日中だけで大丈夫なので、カフェインを控えるのも痛みの軽減に役立ちます。

③ 保湿をしっかりする

 肌が乾燥している状態で脱毛を行うと、痛みをより強く感じてしまいます。この乾燥肌は、炎症など肌トラブルの原因になってしまうので注意が必要です。

 肌の水分量を高めることが重要です。男性の場合は特に乾燥しやすいので、保湿に気を付けましょう。また、施術当日だけの保湿は十分とはいえません。日ごろから保湿を心がけていきましょう。特に、お風呂上りに保湿クリームを塗るのが効果的です。

④ 睡眠を十分とる

 身体が十分休まっていれば、身体の機能が上がります。また施術中はリラックスしている方が痛みを感じにくいです。睡眠を十分とっていれば身体もリラックスしやすいので痛みの軽減につながります。

 体調不良の場合も痛みを感じる原因となります。二日酔いや風邪気味だと、痛みを強く感じることが多いようです。

⑤ ストレスを少なくする

 ストレスを感じると痛みが大きくなる場合があります。心のストレスに関しては、スタッフの方とカウンセリングをしっかり行うことで解消できると思います。

脱毛が進んでいくと痛みは激減

 脱毛で最も痛みを感じるのは1回目です。2回目以降になると、痛みが予測できるようになり、覚悟も出来てきます。また、ムダ毛の量が減ってくれば、光を照射する対象が少なくなってくるため、反応がどんどん小さくなっていきます。

 ですので、1回で心が折れてしまうのは非常にもったいないです。5回くらいまでは様子を見ていきましょう!

効果と痛みは引き換えなのか?

 医療脱毛のように痛みが強ければ、効果が高いという面は否定できません。ですが、その分肌へのダメージが大きいことも事実です。医療脱毛では、肌トラブルが起こりやすいため、アフターケアを重視しているサロン脱毛を探してみてください。

 本当に痛みに耐えられない場合は、出力を下げるお願いをしてください。回数がその分増えてしまいますが、無理をすることでストレスとなり、さらに痛みを感じてしまいます。

 当サロンではアフターケア、ビフォアケアに力をいれているのでぜひお試しください。


たけだ