30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、脱毛、健康な身体づくりに関するブログです。

リアム・スカーレットが自殺?

wordpressのブログで突如リアム・スカーレットに関する記事が読まれていて、おかしいな、と思っていました。

ツイッターやウィキペディアを見ると驚きの結果が…。

どうやら死亡したと思われます。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。年間100公演ほど舞台を観に行ったことのある劇場フリーク。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画三昧。
Amazon Prime 30日間無料体験を試す

※3分ほどで読み終わる記事です。

リアム・スカーレット

リアム・スカーレットは、バレエの若手振付家(35歳)です。若手とかベテランとか関係なく、現在、世界で5本の指に入る振付家とされています。世界中のバレエ団に作品をつくっています。

リアム・スカーレットは英国ロイヤル・バレエ団の常任振付家で大活躍していました。

ですが、突如スキャンダルが持ち上がります。

それがバレエ団のダンサーやバレエ学校の生徒たちへの性的違法行為です。

この件は物的証拠が不十分とのことで不起訴となったものの、バレエ団やバレエスクールは事実と判断し、リアム・スカーレットを解雇します。

これが2020年3月の出来事でした。

そのリアム・スカーレットが2021年4月16日に自殺したのではないか、と現在ソーシャルメディで騒がれています。

何がおこったのか

4月16日このような記事がデンマークの全国紙に掲載されました。

この記事によると、デンマーク・ロイヤル・バレエ団、2021年秋からの新シーズンの発表が5月におこなわれる予定です。その中に、リアム・スカーレットの作品が含まれていたようですが、その作品がキャンセルになると発表されたようです。

キャンセルの原因はリアム・スカーレットによる性的違法行為です。2018年と2019年に作品のリハーサルが行われていました。この期間中、リハーサルに関わる誰かに性的違法行為があったようです。

この行為を重く受け止めたバレエ団がリアム・スカーレットの作品の上演中止を決めました。

それが4月16日の出来事でした。

そして、その後リアム・スカーレットが自殺したと思われます。

リアム・スカーレットは英国ロイヤル・バレエ団で告発されてから、ほかのバレエ団からも告発が多く上がりました。そのため、リアム・スカーレットの行為による被害者は多くいます。やはり、許されるものではありません。

ですが、死んでしまった以上どう考えたら良いか正直わかりません…。

Rest In Peace

さらに詳しくこちらでまとめています。