30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、エンタメ、健康な身体づくりに関するブログです。

映画雑誌スクリーンが「マルコム・イン・ザ・ミドル」を誤訳?

昨日海外ドラマの誤訳について書きました。

この記事を書いていて、すごく印象的な誤訳を思い出しました。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。アメリカの大学に留学経験あり。
Amazon Prime 30日間無料体験を試す

※3分ほどで読み終わる記事です。

映画雑誌スクリーンが「マルコム・イン・ザ・ミドル」を誤訳?

映画雑誌「スクリーン」

25年ほど前、日本に入ってくる海外ドラマの数も少なく、新作の海外ドラマ情報は映画情報誌に頼っていました。中でも近代映画社の「スクリーン」、集英社の「ロードショー」が好きでした。

「ロードショー」は2010年に廃刊してしまいました…。残念です。

一方、スタイルチェンジがありつつも「スクリーン」は現在も発行されています。

エミー賞の結果

「スクリーン」は毎年ドラマ界のアカデミー賞と呼ばれる「エミー賞」の結果を掲載していました。

ノミネート作品、受賞作品をそのまま羅列していたように思います。日本未放送の作品も多く、原題をそのまま載せている場合もあれば、題名を翻訳をして載せていることもありました。

そんな中、ある誤訳が僕の中でかなりツボりました。

それが「マルコム・イン・ザ・ミドル」です。

「マルコム in the Middle」

まずは作品の紹介です。

マルコムは男だらけの5人兄弟の三男坊。あるときマルコムのIQが165もあることが判明。マルコムの生活が変化する。

ぶっとんだ家族と、ブラックユーモアあふれるコメディドラマです。7シーズン、全151話制作された大ヒットドラマでした。日本ではFOXなどで放送されました。

天才子役といわれたフランキー・ムニッズ主演。おとぼけお父さん役には「ブレイキング・バッド」が大ヒットしたブライアン・クランストンが出演しています。

怒ると手が付けられない肝っ玉母ちゃん、アホでイケメンの長男、度を越えたイタズラをする次男、不思議な行動で周りを驚かす四男、まだ赤ちゃんの五男。とにかくぶっ飛んだ作品でした!

ミドルの意味は?

「マルコム in the Middle」のミドルとは中間という意味で、5人兄弟の3番目ということを表しています。

あるときふと「スクリーン」を見返していました。そしてエミー賞の受賞欄に目が行きました。

そこで目にしたのが…。

「中年のマルコム」

「中年のマルコム」???

もしかして「マルコム・イン・ザ・ミドル」のことじゃないか…。(笑)

「ミドル」は中年という意味もあります。たぶん「スクリーン」の編集者はドラマを見ずに翻訳をしたんだと思います。そのとき誤解して生まれたのが「中年のマルコム」。今で言う「こたつ記事」のようなものですね。

当時、めちゃめちゃツボりました。

懐かしい思い出です。

人生は不公平

ふつうの生活をしたいマルコム。しかしIQが高いため特別学級に入れられてしまいます。そんなドラマのテーマソングがこちら。

歌詞の最後は「Life is unfair.(人生は不公平)」。すごく印象に残っています。

日本語版でまた見たいです。(日本語版はシーズン5まで制作)。「マルコム・イン・ザ・ミドル」大好きでした。

話すための英語上達法

最後に英語上達に関する記事です。基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に…

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

ありがとうございました。