男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

脱毛のメカニズム(時間がかかるのはナゼ?)ー毛周期

f:id:pegastudio:20181012224934j:plain

脱毛は、1回では終わりません。
 そして、毛が太く硬い傾向にある男性は女性よりも時間がかかります。なぜ時間がかかるのでしょか?

 

毛周期とは

➀ 毛が伸びてくる時期の「成長期」
② 成長が終わって自然に抜け落ちていく「退行期」
③ 皮膚表面に毛が出ていない「休止期」この3つからなる「毛が生まれ変わるサイクル」のことです。

➀ 成長期
 毛穴の中で毛母細胞(イラストの赤い点)が形成されることにより、毛の成長がはじまります。毛母細胞の働きが活発になるにつれ、毛が皮膚の表面に出てきます。毛は成長のために多くの栄養を吸収し、この時期に、たくさんのメラニン色素(黒色の色素)が生成されます。 

 ② 退行期
 毛母細胞の活動が低下。徐々に毛は毛母細胞から離れ、抜け落ちる準備に入ります。メラニン色素の生成がこの時期に止まります。  

③ 休止期
 毛は完全に抜け落ち、毛穴の中から毛が完全になくなります。休止期では毛母細胞の活動が休止。新しい毛を生成するための準備期間に入ります。

脱毛に効果がある期間は、ほぼ「成長期」だけ! 
 光を照射し、毛根部分にダメージをあたえることで、徐々に毛をうすくし、目立たなくするのが光脱毛です!実は、見えている毛の約70~80%の毛は、脱毛効果があらわれない「退行期」と「休止期」といわれています。 

脱毛に適した「成長期」の毛は約10%しかない

(光脱毛は上記のように「成長期」の毛だけに反応します。)

 そもそも肌の表面に出ている毛は体毛の20%~30%です。この中の毛で、脱毛の効果がある成長期に当たる体毛は半分以下になります。そのため、脱毛に適した「成長期」の体毛は10%にとどまってしまいます。

 「成長期」の毛根部分を照射する事で、毛根だけでなく毛母細胞や毛乳頭などを壊すことができます。ですが、「退行期」「休止期」には反応がないため、次のサイクルを待って照射を順番に行っていくことになります。毛根部分が壊れると毛が抜け落ちます。
 大体1週間から2週間くらいで自然に抜け落ちるのが一般的です。しかし、一度毛が抜けても時間がたつと、また毛の成長が始まります。一度では全ての毛母細胞や毛乳頭を破壊できません。照射後に生き残った細胞が新たな毛を作り出すからです。とはいえ、毛穴から生える「毛」は前よりも細く弱くなっていきます。これを繰り返すことにより脱毛が完了していきます。

脱毛のサイクルは?

 脱毛には最適なサイクルがあります。脱毛を早く完了させるために、一気に光を当てたとしてもあまり効果はありません。毛が生えている部位により毛周期のサイクルは異なります。また、個人差もあります。 体毛の場合、約3週間のサイクル。ひげの場合約、2週間~3週間です。この毛周期のサイクルが脱毛をする上で大事なポイントです!
 より詳しくはこちらからどうぞ(ヒゲに関して)

 

たけだ