男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

脱毛の誤解されている副作用(皮膚がん、多汗症、埋没毛)

f:id:pegastudio:20181016134801j:plain

 脱毛の副作用はとても気になると思います。今回は、脱毛の副作用と思われているものをご紹介します。

 

皮膚がん

光脱毛で皮膚がんになる可能性はない!

次の引用は「日本医学脱毛協会」の研究結果です。

レーザーの光は皮膚表面から3〜4ミリ程度の場所、つまり毛包に達する程度の深さまでしか届かないようになっています。ですから、血管や内蔵などに影響を与える事はありません。また、皮膚ガンの心配をされる方もいますが、皮膚ガンの原因となるのは紫外線で、レーザーの光は赤外線に近いものですから、これも心配はありません。

引用元:日本医学脱毛協会

 皮膚がんの原因となるのは「紫外線」です。光脱毛の光線に「紫外線」は含まれていないため、皮膚がんの原因とはなりません。皮膚がんの原因とならないことは医学的に証明されています。安心してして施術を受けてください。

  ちなみに、脱毛中の日焼けはNGです。(詳しくはこちらよりどうぞ!)。この期間は「保湿」と「日焼け対策」をすることになります。そうすることで、肌がしっかり休まります。脱毛中に肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーの回復も期待できます。

汗が増えたように感じる

光脱毛で汗が増えたように感じるのは気のせい!

 汗は汗腺から出てきます。汗腺が多く集まる部位は、わきの下、襟あし、背中のウエスト部分・お尻の下といった場所です。脱毛でムダ毛を処理しても、汗腺が増えることはありません。

【専門家の意見】

脱毛で汗っかきになることは、理論上ありえない。

 とはいえ、そう感じてしまう要因もあります。これまで汗をキャッチしてくれていたムダ毛がなくなった、ということです。脱毛前までは、体毛がクッションとなり汗がせき止められていました。ですが、ムダ毛がなくなると障害物がなくなります。汗がスムーズに流れ落ちるように変化したのです。つまり、汗の量は変わっていないのに、感じ方が変わったということになります。特に脱毛直後は、脱毛部位に意識がいってしまい、汗が増えたように感じてしまいます。ただ、この感覚は時が解決してくれます。つまり、慣れてしまえば気にならなくなるのです。時間は多少かかるかもしれないですが、それまでの辛抱です。
 ただし、脱毛の刺激により汗が増えることもまれにあります。心配な場合は、サロンに相談し、皮膚科に行くことをおススメします。

埋没毛(まいぼつもう)

f:id:pegastudio:20181016132625j:plain

 別名は埋もれ毛といいます。イラストのように毛穴がふさがってしまい、毛が毛穴から出てこられないトラブルです。ヒゲ剃りなどで肌が傷つくと炎症を起こします。傷ついた部位は表面にかさぶたのような薄い膜を作って毛穴を塞ぎます。こうなると毛は肌の表面に出てこられなくなりますが、毛自体は残ってしまいます。外から見るとうっすらと黒いものが肌の中にあるのがわかります。さらに皮膚の中に留まったまま毛が成長してしまうと、黒い部分がどんどん濃くなってしまいます。

基本的には放置してOK

 肌のターンオーバーとともに埋没毛は皮膚表面に押し出されるので、何も処置しなくて大丈夫です。皮膚は1~2ヶ月の周期でターンオーバーを繰り返しています。新しい皮膚になると同時に、埋没毛は皮膚の表面に自然と出てきて抜け落ちます。
 ただし、埋没毛を無理やり毛抜きで抜いてしまったり、カミソリで剃って肌を傷つけたりすると、毛穴に雑菌が入り込み毛嚢炎(詳しくはこちらよりどうぞ)になることもあります。気になったとしても無理はしないでください。

光脱毛はむしろ埋没毛に効果あり

 埋没毛の原因は、毛抜きやカミソリを使った自己処理です。ですので光脱毛を始めるとリスクがどんどん減っていきます。光線はすでに埋もれてしまった毛に対しても効力を発揮するので、埋もれ毛に悩んでいる方にもおススメです。

まとめ

 

以上、誤解されがちな副作用
➀ 皮膚がん
② 汗の量の増加
③ 埋没毛
でした。

たけだ