30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、脱毛、健康な身体づくりに関するブログです。

引っ越しの鉄則「数社に見積り依頼」。引っ越し料金こんなに違うか…

3月、4月は引っ越し料金が高いと言われています。以前は3月のみ高かったそうですが、3月が高いと知られるようになり4月に高い時期がズレ込んでいます。料金が落ち着くのはGW明けだそうです。

今回は実家の話です。実家が引っ越すことになり、僕の荷物もあるのでちょくちょく手伝っていました。

そんなとき母から「引っ越し代金33万」と聞き、「えっ」となりました…。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。wordpressでブログを始めたものの2回真っ白になりはてなブログへ。ただwordpressの自由さに惹かれ再挑戦中。はてなブログの会員費の解除を忘れ、はてなブログも再挑戦中。
Amazon Prime 30日間無料体験を試す

※1分ほどで読み終わる記事です。

引っ越し比較サイト

いまは「引っ越し比較サイト」のおかげで、料金の相場感がわかるようになっています。

今回の引っ越しでも利用しました。3LDKから3LDKの引っ越しで「8万円」と表示されていました。「こんなに安いのか…」とびっくりしました。

母はあまりパソコンをうまく使えないので、一緒に引っ越しサイトを見ました。ただ、実際の見積もりに関しては、僕が家にいるわけではないので母にまかせることにしました。

大手引越し業者

母は大手の引越し業者のほうが信用できるという謎の理論を持っているので、見積もりの出てきた引っ越し会社の中から大手の業者に依頼をしました。

見積もり内容

・ダンボールは80箱くらい
・引っ越しは2日に分けておこなう
・作業員が2人それぞれの日にやってくる

そこで提示された金額が「33万円」。

さすがに母も見積もりで8万と出ていたのに「33万」となったことには驚いたようです。

ですが、引越し業者に「どこもそんなもんです。」と、しかも「今、この場ですぐに決めてくれたらこの値段で!」とさも安いように言われたようです。

中堅引っ越し業者

さすがに高いので中堅の会社にもお願いしました。見積もりには僕も同席しました。2社目の引越し業者とのやりとりです。

見積もり内容

・1日
・ダンボール90箱
・引っ越しトラック2台
・作業員が5人
・マンションの管理組合が引っ越しに関してうるさいので、ベテラン作業員を手配(当マンションでの引っ越し経験ありで規定も理解している)

すると、中堅の引越し業者から出てきた値段は「12万」。きっとこれでも高いんだと思います。

ですが、最初に33万と提示されていたせいで金銭感覚が狂ってしまっています…。

こうも引越し業者で値段が違うのか…。

何社も見積もり

本当に面倒ですが何社も見積もりするのがイイと思います。

あと「今すぐ契約」と言われてもちょっと待つ冷静さも必要ですね。

どうもありがとうございました。