ジャズ男(ダン)ス

英語,ダンス,脱毛,水素のブログです。目黒にメンズ脱毛サロンを運営中。

英語は話す必要ある?評判がいいポケトークとモチベーション

英語の勉強における究極の質問「英語ってそもそも話す必要ある?」です…。5年間も英語を教えていた立場としてこれを言うのも変なのですが、僕が英語の学校で働くことで得た経験を書きたいと思います。

「コツコツ勉強ができない。モチベーションが上がらない。」そんな方に向けた記事です。

本記事の内容

 

※3分ほどで読み終わる記事です。

僕はTOEIC905点を持ち日常会話は問題なく話せます。大学生向けの大きな英語学校でアドバイザーをしてました。当初、モチベーション要因として採用されました。ニューヨーク留学時、マンハッタンに億ションを持つ恋人がいました。その時の話をよく生徒にしていて、英語が話せるとこんなに楽しい経験ができるよー!!と伝えていました。笑

 

英語を勉強するにはモチベーションが必要

英語は話す必要ある?評判のいいポケトークとモチベーション

僕が英語を教えていた学校では、大学生がおよそ1500人ほど在籍していました。1年間のコースになっていて総レッスンの数が100レッスン以上ありました。

けっこう衝撃的な数字なのですが、半数近くの生徒が5レッスンも参加していませんでした…。

大学受験を終え、英語を話せるようになりたい!!と入学してきた生徒たち。しかし、いざ大学が始まると、一気に開放されてしまいます。今まで封印していた遊び、サークル活動、アルバイトが生活の中心になっていきます。そうなると英語はどんどん後回しになっていきます。

これは至極当然なことで、ただぼんやりと英語を話したい、というモチベーションでは英語の優先順位はどんどん低くなってしまいます。英語を話せることは確かにプラスになりますが、日本では英語を話さずに生活している人が大半です。そのため英語は必要ないといえば必要ありません。

これが最初にお伝えした、生徒の約半数がレッスンにほぼ参加していないという数字に表れていると思います。

 

会社に強制されているサラリーマンは伸びる


僕は直接教えていませんでしたが、企業と提携して社会人に英語を教えるコースもありました。会社命令で皆さん参加していました。

TOEIC800点取れないと降格要件になってしまうという厳しい条件が突きつけられていました。なので逃げ場がありません。

若手が参加しているのではなく、30代40代以上の方が多く在籍していました。社会人が勉強時間を確保するのは本当に大変です。しかも幹部候補の方々が参加していたので仕事の責任も重く残業も多い。さらに家庭を持っている方も多く、家族サービスの時間も必要です。

こんなに忙しいのに、受講生のほとんどはTOEIC800点を超えていきます!!

違うのは「モチベーション」だけ!!


学生は社会人に比べれば圧倒的に自由な時間があり、そもそも頭が柔らかいので英語の吸収がかなり早いです。でも大学生の多くが英語の勉強を継続して行うことができません。それに対し、会社命令で参加している社会人は英語の勉強を順調に進めています。

英語の学校で教えていると本当によくあるんですが「通えば必ず話せる」と思っている人がすごく多い、ということです。

英語の勉強は、能動的に勉強することを求められます。大学生といえど、費用を払っているのは親御さんなので、よくクレームもありました。「英語の学校に入れているのになんで話せないんだ!!」

「・・・」「いやいや…。」と心の中でかなり突っ込んでました。英語は自ら勉強しない限り話せるようにはなりません。

「自ら」勉強するためには何かしらの「モチベーション」が絶対に必要だと思います。

モチベーションは本当になんでも大丈夫です。例えば、将来の仕事で英語が必要、外国人の友人・恋人がほしい、英語の小説を原文のまま読みたい、といったもの。英語の勉強が楽しい、といったものでもOKです。

 

英語が話せると楽しい! でも話す必要ある?


僕も昔は、英語は絶対話せた方がいい!!と思っていました。ですが、最近は少し考えが変わってきています。というのも英語を話すのが楽しいのではなく、外国人とコミュニケーションを取ることが楽しい、ということに気づいたからです。

日本にいると同じような容姿、同じような考えの人が多くなります。しかし、外国人と付き合うようになるとびっくりするくらい新しい考えを得ることが出来ます。僕はこの新しい経験が大好きです。

こういう楽しさは実際に話さないとわかりません。

普通の順序としては、
①英語が上達する
②英語で外国人とコミュニケーションがとれるようになる
ですが、モチベーションを上げるためには順序を逆にしなくてはいけません。

①英語で外国人とコミュニケーションがとれるようになる
②英語が上達する

え、どうやってコミュニケーション取るの?という話ですが、出川哲朗さんがとても参考になります。

なんだかんだいって、伝える気持ちがあれば英語が崩れていてもかなり伝わります。ルー大柴さん、高田純次さん、出川哲朗さんのように日本語と英語がまじり混じりでも楽しくコミュニケーションを取ることがテレビで見ていてもわかります!!

 

ポケトークでのコミュニケーションはいい

とはいえ、出川さん英語でも複雑な内容だと伝わらないこともあります。そんな時は思い切って翻訳機を使ってしまうのも手です。スマホでも翻訳ができますが、精度はかなり低いです。

ポケトークの精度はかなり高いです。本当に困ったらポケトークでコミュニケーションを取る。そして、仲のいい外国人の友達ができたとすると、英語が話したくなるはずです。

英語の学校の話に戻しますが、在籍していた学年の内訳は、1500人のうち1100人ほどが大学1年生、300人ほどが大学2年生、大学3,4年生が100人ほどでした。2年間でカリキュラムが終えるようになっていたので3,4年生が少ないのは仕方がないのですが、2年生で一気に数が減ります。

英語の勉強は本当に難しい、というのがわかる数字だと思います。

モチベーションがない以上、僕はそもそも英語を話す必要はないと思っています。英語の勉強をルーティンワークにし強制的に英語を勉強する習慣を作ってしまえばいい、といった取り組みもしていましたがなかなかうまくいきませんでした。ここからわかったのは、無理して英語を勉強しても身にならない、ということでした。英語の勉強を続けるためには楽しさを見つけた方がいいと思います!!


どうもありがとうございました!!

東京の目黒駅にあるメンズ脱毛サロンの情報は下記からどうぞ。

f:id:pegastudio:20190213135858p:plain


【LINE 友達追加での特典】

初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

f:id:pegastudio:20190213140614p:plain

たけだ