30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、エンタメ、健康な身体づくりに関するブログです。

現場の声が届かないオリンピック。報道1930の山口香さんまとめ➀

オリンピックまであと一週間。オリンピックは自分の人生に関りはないですが、たくさん報道されているのでさすがにいろいろ考えてしまいます。

特に日本オリンピック委員会(JOC)の元理事で、ソウルオリンピック女子柔道銅メダリストの山口香さんの意見を聞くのが好きです。

山口香さんがBS-TBSで放送されている「報道1930」に出演していました。いろいろ考えてしまったので記録していきます。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。アメリカの大学に留学経験あり。
Amazon Prime 30日間無料体験を試す

※2分ほどで読み終わる記事です。

f:id:pegastudio:20210709132638j:plain

2021年7月14日「報道1930」

「“国民不在”で開催?五輪は何を残すのか…山口香さんに聞く」というテーマでした。

松原耕二さんがメインキャスター、出水麻衣さん、堤伸輔さんがコメンテーター。

そしてゲストが、山口香さん(筑波大学教授、元JOC理事)、マライ・メントラインさん(ドイツ公共放送ZDFプロデューサー)、三鴨廣繁さん(愛知医科大学教授)です。

山口香さんは10年間の期間を終え、JOCの理事をすでに辞任しています。

今回の番組ではオリンピックに関し、問題点をとても冷静に議論していました。内容をまとめてみます。

現場の声が届かないオリンピック

一番印象に残ったのがこの言葉でした。

仕事とはいえ、オリンピックのために多くの人が尽力しています。しかし、トップの判断がおそいため、現場の人たちは工夫をしてがんばっているという状況…。

しかも、誰もがこうなるだろう、と思っている結果になっています。無観客に関しても、誰もがそう思っていたにも関わらず決断が遅かったため、結局有観客の準備をしなければいけない…。

アスリートも同様で粛々と準備を続けています。ただ、オリンピックの負の側面が多すぎて、アスリートにスポットライトが当たりません。それもまた悲劇です。

日本はこのままで大丈夫なのか

今回一番がっかりしたのは、日本人が子分のように見えてしまう点です。日本側からはっきりものを言わずにズルズルと進んでしまったオリンピック。

IOCの言うことをなんでも聞いてしまっているような印象…。そりゃバッハ会長も気分いいだろうな、と。ただバッハ会長を特別にしてしまっているのは、日本側にも問題があるのも事実です。

前回の東京オリンピックは日本が発展する起点になり、50年ほど順調に伸びました。今回のオリンピックによって今後50年どうなるか、という大事なイベントなのかもしれません。


とりあえずオリンピックは完全に賛成はできないけど、感染者は確実に増えるだろうけど、希望にもなると思っています。アスリートの活躍にはきっと感動するだろうし、日本人スタッフもきっとがんばるはず。

それはそれ、これはこれ、とは思えないので、冷静に見ていきたいと思います。

テーマ別にもう少しまとめていきたいと思います。

ありがとうございました。