30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、脱毛、健康な身体づくりに関するブログです。

恩田陸著「Q&A」のあらすじと感想。事実はウソをつく

以前、恩田陸さんが書いた「ライオンハート」という小説を紹介しました。

僕は恩田陸さんの文体がすごく好きなので「Q&A」という本を手に取りました。

ホラー小説よりも怖い本でした…。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。年間100公演ほど舞台を観に行ったことのある劇場フリーク。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画三昧。
Amazon Prime 30日間無料体験を試す

※3分ほどで読み終わる記事です。

この記事は恩田陸さんの「Q&A」の感想、批評サイトの評価を紹介します。

あらすじ

東京・池袋にほど近い郊外のショッピングモール。死者69名、負傷者116名を出す大事故が起きる。

多数の被害者、目撃者がいるにも関わらず原因がまったくわからない。

原因をどうにか突き止めようと1対1の聞き取り調査がはじまる。

評価

恩田陸著「Q&A」の評価

ハイブリッド型総合書店「honto」

評価はちょっと辛めの☆3つが多くなっています。

 誰が誰だかわからない

「Q&A」は何人もの事件関係者へのインタビュー形式で物語が進んでいきます。

最初はひとりの人物がインタビュアーで、事件を解決していくのかと思っていました。ですが、途中でどうやらインタビュアーがひとりではないことに気づき混乱していきます。

何人ものインタビューが載っていますが章で分けられていることもなく、目次番号もふられていません。

果たして事件の真相にたどりつくことができるのか…。

読み進めていくと謎が深まっていくので、先がかなり気になっていきます。

事実はウソをつく

同じ事件を体験しているはずなのに、全員が違うことを話します。その人にとってはまぎれもない事実で、人の目の数だけ事実があります。

しかも今回の事件の場合、全員の意見に主観が混じっています。どの事実が本当なのかの判断が難しい…。監視カメラも機能せず、ニュートラルな目線がないため、事件が複雑化していきます。

事実はウソをつく…。

海外ドラマ「ドクター・ハウス」を思い出しました。内科医のドクター・ハウスは問診で難病を特定していきます。しかし患者は事実を間違って認識していることがあります。患者にとって本当のはずの事実も、ときにウソとなってしまう…。「Q&A」には同じことを感じました。

生き残ってしまった人々の罪悪感

69人の死因は、圧死や転落死です。逃げまどった人々が押し合ったことで、力の弱い老人や子供、女性が死んでいきました。

そもそもなぜ同時刻に違う場所の人々がいっせいに走り出したのか…。そこには確かに原因はあるのですが、扇動した犯人らしき人物が見つかりません。全員がそんな気がした、という理由で走り出しています。

生き残ってしまった人々は、生き残ったことに罪悪感を覚えています。というのも、少なからずパニックにおちいり、人を押しのけてしまった人々も死因の一部になっているからです…。しかも、事故の犯人がわからないことで罪悪感がぬぐえません。犯人がいればどんなに楽なことか…。

「Q&A」を読んで真っ先に思い出したのが、2001年の明石市「市民夏まつり・花火大会」の歩道橋事故です。JR朝霧駅の歩道橋が混雑し、群衆雪崩(人の流れが過剰に集中し、雑踏の中で一人または数人がバランスを崩して倒れたことによって、周辺の者が連鎖的に転倒する事故)が起きてしまいます。その結果、見物客11人が死亡、247人が重軽傷が出ました。

この事故に関わった人もどうにかできた、という思いを抱えている人も多いかもしれません。

ネタバレ

「Q&A」は途中から思わぬ方向に突き進んでいきます。

そして、途中でキナ臭い話が登場します。行き場のない罪悪感を利用し、新興宗教が誕生してしまいます。

日本には宗教がないことで行き場のない感情をすくい取ってくれる場所がない、と本では書かれています。その感情を受け止めるために新興宗教が登場し、勢力をどんどん伸ばしていきます。

事故が起き、感情のコントロールがとれなくなる人々。それを利用する悪いやつら。このサイクルの恐ろしさが本では否定的に描かれているように思いました。

ちなみに事故の真相は解明されません…。

サイコもメタも消化した

本の中で「サイコもメタも消化した」という表現があります。

サイコパスという言葉は普通の人が知っている言葉ではなかったのに、いつのまにか誰もが知っている言葉になった。なんとなくそういう存在を感じていたものが認知されてしまうようになった。

そして、事件には理由があるはずなのに、理由のない事件も登場してしまった…。

犯人がいないことで、にがい気持ちのやり場がなくもどかしい気持ちになります。

途中ホラーのような展開も登場し、一気に目が冴えました。

今回は恩田陸著「Q&A」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。