ジャズ男(ダン)ス

英語,ダンス,脱毛,水素のブログです。目黒にメンズ脱毛サロンを運営中。

指揮者佐渡裕 ベルリン・フィルへの挑戦。情熱って素敵です。

f:id:pegastudio:20190302043653j:plain 

(初回放送:2011年)

レナード・バーンスタイン(ウェストサイドストーリー:作曲)の最後の弟子としても有名な佐渡さん。

テレビ朝日の『題名のない音楽会』を、

ずーっとやられていたので覚えている方も多いと思います。

 
佐渡さんがベルリン・フィルに挑戦したドキュメンタリーをみました。


 

番組内容

2011年5月、ベルリン交響楽団の客演指揮者に初めて招かれた佐渡裕。小学校の卒業文集に「夢はベルリン・フィルを指揮すること」と書いていた彼が、世界のトップレベルがズラリと並ぶ楽団員たちと、どのように演奏会を作り上げ、夢を実現していったのか、本番までの3か月に完全密着! 

語り:谷原章介

(NHKより)

 

ハイライトは、2日間のリハーサル。

完全密着しています。

普通はとてもナイーブな現場なため、なかなか入ることが許されない現場です。

たった2日間で、最高レベルの演奏者たちをまとめ、3日間の公演を行います。

ベルリン・フィルの奏者たちは、よそ者には厳しめです。

 

過去の苦い経験


昔の苦い経験も語っていました。

佐渡さんが若い頃、たしかヨーロッパで指揮をしたころのこと。

演奏者がとても排他的だった・・・。

演奏の途中に佐渡さんにしかわからない声の大きさで、

コンサートマスター(バイオリンの第一奏者)から文句を言われたこともあるそうです。

こわ・・・。

恐ろしいですが、我が強い人がとにかく多い世界です。

しかも頑固だったりするので、相当苦労したんじゃないかと思います。


今回のリハーサル風景もそうした雰囲気が若干ありました。

ですが、流暢なドイツ語でしっかりと自分の想い、情熱を伝えていきます。

僕は、こういうタイプの方が本当に好きです。

自分の好きなものは好き、とはっきり言うタイプ。


そして、佐渡さんの持つ包容力はきっと、過去の苦い経験に裏打ちされているんじゃないかと思っています。

また佐渡さんの音楽の基準は女子高生の吹奏楽をコーチした時代にあるそう。

この記事は佐渡さんの人柄がわかります。

思いっきり吹奏楽に打ち込んだ経験が強く印象に残っているそう。

プロのオーケストラでも情熱を入れたい、という気持ちが強いんですね。

素晴らしいです!

ショスタコーヴィチを振る

 

僕はクラシックを聴くときは、基本的にまずバレエや映画から。

そこで知った曲を深めていくことが多いです。


僕は、ニューヨーク・シティ・バレエ団が好きなのですが、

バーンスタインの曲をジェローム・ロビンス(ウェストサイドストーリーの振付)が数多く振り付けているので、よく聞いていました。

超有名なバーンスタインの弟子の、佐渡さんってすごいんだな~、と思っていました。



今回佐渡さんが指揮をしたショスタコーヴィチもバレエから知りました。

ここ10年くらいでショスタコーヴィチのバレエが復元されています。

初演当時はソ連時代です。

ソ連に対する風刺的な作品が多く、当時かなり批判を受け、上演されなくなっていました。

それが、現代でよみがえっています。


ショスタコーヴィチの作品は情熱的なフレーズが多く、

佐渡さんはこの部分をいかに表現するかに心を砕いていました。

それをベルリン・フィルの演奏者といかに共有していくか。

見ていてとてもわくわくしました。


創作のシーンを見られるのは貴重なので、見入ってしまいました。

 

ベルリン・フィルは献身的に指揮者のために演奏


演奏会は大成功!!

普段厳しい批評家も「ベルリン・フィルが佐渡さんのためにひいていた」と評価していました。


演奏者は指図されるのが嫌い


本来、指揮者がすべて取り仕切っているように思えます。

ですが、実際に主導権があるのは演奏者です。

これはすごく逆説的な話なんですが、「指揮者の思い通りに弾かない自由」が演奏者にはあります。

もし演奏者が好き勝手に弾き始めてしまえば、指揮者はただ棒を振る人になってしまいます。

しかも、実際に指揮者に信頼がないと、こういうことは起こってしまいます…。

指揮者には理想とする曲想がある


だからといって、指揮者は演奏者に気をつかってばかりいられません。

なぜなら、指揮者が思い描くものを演奏してもらわなければいけないからです。

そのためには厳しい言葉もかけなければいけない…。

言い過ぎると反発されるし、言わないとなめられてしまう。

このバランスが非常に難しい!!!

指揮者のために演奏したい


これが究極の方法です。

佐渡さんは成功していました!!

たった2日間で最高レベルの奏者の信頼をつかんだ。

ブラボー!!!

実は、今回のドキュメンタリーを見ていて、この場面に胸を締め付けられました。

というのも、僕が大尊敬する振付師の方もまったく同じことを言っていたからです。


日本でダンスや舞台をやっていると、締め付けられることが非常に多いです。

超体育会系なので、怒号も飛び交います・・・。

ただ言われたことをやる、ということが多い。



先ほどの尊敬する振付の方が「それはダメだね。」

と、言っていたのを今でも思い出します。


その方は、海外でも活躍されていて、人の心をつかむのがとにかくうまい。

ほめるのがすごく上手で、否定的なことは言わない。

でもちゃんと注意する。

バランス感覚がとにかく優れた方でした。

僕も、その振付師の方のために、どれだけ踊れるか!といつも思っていました。

 

日本で踊るには息苦しかった


締め付けが激しいと確かに、ピシッとはするんですが、

その人がいないと、ダラけ方が半端なくなります・・・。

ただ言われたことだけをやるっているので、

その人がいないと判断できなくなってしまうんだと思います。

自分たちで考える力がなくなってしまう。



そうなってくると、舞台に立っていても全然おもしろくない・・・。

そう思って、舞台を降板してしまったこともありました。

好きなことを仕事にしていたけど、

言われたことだけをやらなければいけない。

よっぽど大物にならない限り自由はない…。


きっと、こんなこと言うのは甘いんだろうけど、

耐えられなくなる時もあります。

ダンスが嫌いになる前にいったん頭を冷やそうと思いました。


そのおかげでダンスを嫌いになることもなく、今もレッスンには通い続けています。

この判断が正しかったかは、今の時点ではわかりませんが、

とにかく後悔しないように。というのが目標です。

ダンスは続けられるのか・・・


今は、レッスンに行ければ幸せです。

ありがたいことに仲間うちのダンスの公演に出演しないか、というお話もちょくちょくいただいています。

今は、エステサロンの仕事でいっぱいいっぱいなので、なかなか難しい状況ですが、

きっとそういう公演の方が、今の自分には必要なんだと思います。

これは佐渡さんが女子高生とおもいっきり吹奏楽に打ち込んだことに似ていると思います。

とりあえず、いつでも出演できるよう、地道にレッスンに通っています。(未練が…笑)


そんなんでいいのか、と思う日々です…。

でも今はエステサロンをどう軌道に乗せるかが最優先。

こんな僕ですが、よろしくお願いします。


ご予約お待ちしています! 

f:id:pegastudio:20190213135858p:plain

【LINE 友達追加での特典】
初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

f:id:pegastudio:20190213140614p:plain

どうもありがとうございました!!

たけだ