男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

TOKYO 起業塾「実践コース」Day3(午前)「コンサルタントを信じるな!」

f:id:pegastudio:20181018202801j:plain

前回から2週間たちました。

 本当のタイトルは「売れるHP・ブログ・SNS活用術」です。3日目は今までとスタイルがガラッと変わりました。3日目は講習形式で、グループセッションは無しです。机が2人掛けだったので、隣の方とコミュニケーションをとることは多かったです。

 

講師の渋谷さんは個性で売っている起業家タイプ

 今回の講師の渋谷さんは強烈な個性を持っていました。物怖じしないタイプだと思いました。資料もしっかりと用意されていましたが、そこまで活用せず、受講生の起業するタイプを事前に調べられていて、それに合わせて話をしてくれました。

僕は開始ギリギリに到着。

「起業するのに、なんで周りの人と話さないの?3日目だよね?」これが開口一番飛び出した言葉でした。起業するのであれば、社交的であることは非常に重要ということだと思います。僕はギリギリだったから~、と言い訳も出ましたが、真実を突いてると思いました。
 この「ハッ!」とする言葉で掴みは完璧。みんなグイグイ引き込まれていきました。包み隠さずお話をするタイプで、話がおもしろい。時おり「痔」の話もしてましたね笑。弱みを出して信頼を得る作戦です。
 セミナーにたくさん呼ばれているのも納得です。

コンサルタントを信じるな!

両利き経営を目指すべし

 ビジネスを展開する上では ①「深く」②「広く」 この選択肢があります。

①「深く」に関しては、得意分野を事業にしている方にとって、あまり難しくないそう。ですが、いつか頭打ちが来てしまう。
・・・ターゲットを絞りすぎてしまう(差別化戦略、ニッチ戦略)と、いつか新規顧客を集められなくなり頭打ちになる、ということです。

②「広く」。これには経営者の努力や勉強が必要です。探求できる能力があるか?この能力が経営者には必要とのこと。
 
 ここで1日目の話が出てきます。「セグメント」をしっかり分ける、という話。ビジネスを進める際には必須の経営戦略です。ですが、最近はインターネットの普及により、ニーズがどんどん多様化しています。渋谷さんは真っ向から「ターゲットを絞る」ことを否定していました。コンサルタントの方々はセグメントを絞ることを重視しがちですが、最初はよくても、ずっと続けていると新規顧客が入りづらいビジネス、つまり内輪のビジネスになり、事業が潰れてしまうこともある。

解決策・・・小さなターゲットをいくつもつくる!

 数打って当てる作戦と言っていました。少し似たコンセプトとして「リーンスタートアップ」を紹介していました。

「リーンスタートアップ」
 米シリコンバレー発の起業の手法。コストをあまりかけずに最低限の製品やサービス、試作品を作って顧客の反応を見る。失敗したものはすぐに見切りをつけ、成功したものはそのまま伸ばす。このサイクルを繰り返すことで、起業や新規事業の成功率が飛躍的に高まるという。

成功する経営者の特徴5つ。

① しつこく観察
② 自問自答
③ 失敗をたくさんする・・・ビギナーズラックは過信を生み、その次失敗しやすい
④ トランザクティブ・メモリー・・・説明は下記に
⑤ 実験好き(試してみる)

「トランザクティブ・メモリー」

 組織学習力を上げるための情報共有の方法と必要なコミュニケーション。全てのメンバーが同じ専門知識の内容を共有して持つことは効率的ではない。個人の能力には限界があるためだ。一人一人が専門分野に対する深い知識を持ち、それらを組み合わせることが重要。

 トランザクティブ・メモリーとは、組織内での「誰が得意か知っている」という概念。つまり、「組織内の誰が何を知っているか」を共有することが重要である考え。

ここで本題。売れるHP・ブログ・SNS活用術

【第1段階】

労力をかけて集客
・SNS
・手書きのお礼状
・人客で声掛け
・名刺

【第2段階】

時間をかけて集客・・・これが1番重要!!!!
・ニュースレター
・ブログ・・・僕もやってます。(効果には半年ほどかかる)
・動画
・googleマイビジネス
・イベント

【第3段階】

お金をかけて集客
・新聞折り込みチラシ
・ホームページ
・TVCM
・展示会へ出店

 それぞれメリット・デメリットがありますが、小規模は事業の場合は第1段階から始めるのが鉄則。

具体的な事例へ

 ここからは具体的な事例と合わせてIT活用術の説明がありました。ポイントを羅列していきます。

・どんなツールよりアイディアが大事

・顧客との共通点を探す・・・特にマイナスな感情のつながりは関係を強くする。
⇒弱いところを見せる。リア充、キラキラは嫌われる。

代表的なツールの特徴

【twitter】(庶民派)
拡散する。生活感。おもしろ、おかしく。ラーメン次郎系、と表現していました。

【insta】(スタバ系)

おしゃれ、若者からおじさんへ移行中(笑)。若者は Tik Tok に流れ始めているとのこと。

【facebook】(おじさん、おばさん)

お金がある人が集まっている。

 この分析は笑いました!朝の情報番組で若者のツールが特集される ⇒ おじさん、おばさんに移行が始まるらしいです(笑)

 ホームページをSNSで紹介すると、訪問者数が17倍になるそう。つまり、全部の媒体でSNSを絡ませることが重要。ですが、SNSが本体になってはいけない(情報量に限界があるため)

・SNSをうまく活用している人は弱みを出すのが得意。
⇒アイドルのtwitterを紹介していました。キラキラしている部分ではなく、ネガティブなことも紹介しているアイドルのフォロワーが多かったです。

・ブログ・SNSを「毎日更新」すると売り上げアップ。

・SNSは立地を超えていく。立地が悪くても集客ができる。

・人が商品を選ぶときは「感じがする」で選んでいる。理屈では動かない。今の主流は、「感情」で消費行動が左右されている、ということ。

・事業選びに悩んでいる場合は
「大好き」(信念が貫ける)か「大嫌い」(客観的に分析できる)なものを選ぶ!

・ブログには「なぜその事業をやるのか、思いを書き上げることも大事」

・常に次の手を考えておく。
⇒特に情報が拡散されすぎると、マネが始まり、やめる状況も生まれてくる。

・金持ちを探せ!!

・・・SNSは手間がかかるので、お金を持っていない人を集めてもしょうがない。

良い顧客(意図あり×能力あり)はターゲットにしない。
・・・この人たちは自分で比較する。競合が多い。

「意図なし×能力あり」がターゲット
・・・創意工夫で買う気にさせる!!

 

質疑応答へ

 時間いっぱいいっぱい使ったため、質疑応答は休憩中となりました。たくさんの方が売り込みに行っていました。渋谷さんは毎朝の1時間でブログを更新していたり、セミナー後もまた別のセミナーがある、とても大忙しです。

 時間の使い方とパワフルであること。そして、自分自身を磨くことも大事だと感じました。

次回は最終回「起業に必要な財務知識」です!!
ありがとうございました

たけだ