男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

脱毛中の日焼けは要注意!- 日焼けをしていると脱毛できません。

f:id:pegastudio:20181024144936j:plain

 脱毛中、日焼けについては口が酸っぱくなるほど注意されます。日焼けを止めないといけない理由について考えていきます。

 

脱毛中の日焼け、とにかく注意!!

 日焼けで肌が黒くなるということは、光脱毛の光線が黒い「ムダ毛」だけでなく、肌にも反応してしまいます。

➀ 痛みは増し、脱毛効果は減ってしまう
 光脱毛は照射範囲にあるメラニン色素(黒い色素)全てに反応します。日焼けをしてしまうと、光線は肌にも反応を示します。その結果、痛みや熱さを感じやすくなります。そして、光線が広範囲に分散されてしまうため、脱毛の効果が減ってしまう可能性があります。
 そのため日焼けをしていると「お断りされること」や、「通常より脱毛器の出力を低下させて」施術が行われます。結果的に脱毛効果が減ってしまい、脱毛にかかる期間が伸びてしまうことがあります。

② 肌のトラブルを招く危険あり
 日焼けをしている状態というのは、強い紫外線を浴びたことによって軽い火傷を負っている状態です。つまり、肌のバリア機能も低下しています。脱毛は肌への負担が大きいので、バリア機能の低下が、肌への負担をさらに増大させてしまうのです。

脱毛を考えている人は、絶対「日焼け」をしない!!

脱毛中は日焼け止めを必ず塗る

 では日焼けをしないために何をすればいいでしょうか?

日焼け対策で欠かせないのが日焼け止めクリームです。

日焼け止めは様々な種類があり、
・顔用
・全身用
・SPF
・PA
と用途がそれぞれ異なります。

 顔は全身に比べ、皮膚も薄く皮脂腺も多い部位です。ヒゲ脱毛を行っている時は顔用の日焼け止めを使いましょう。

紫外線A波、紫外線B波

 紫外線は、波長の長さによってUV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C(紫外線C波)の3つに分けられます。肌に悪影響をもたらすのは、UV-AとUV-Bの2つです。ちなみにUV-C波はオゾン層に吸収されるため地表には届きません。

紫外線A波(UV-A)

 地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのが紫外線A波です。波長が長く、雲や窓ガラスも透過するため、肌に到達してしまいます。紫外線A波を浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。

紫外線B波(UV-B)

 波長が短いのが紫外線B波です。屋外での日焼けの主な原因です。たくさん浴びると赤く炎症を起こし、メラニン(黒い色素)が増えてしまい、シミ・そばかすや色素沈着の原因になります。

SPF・PAが高いと効果は高い?

SPFは紫外線B波を、PAは紫外線A波を予防するといわれています。

【SPF】

 紫外線B波を防止できる時間を表しています。SPF1で防げる時間は20~25分!!たとえばSPF20の場合で7時間ほど。実は日常生活であればSPF20で十分です。というのも、SPF数値が高いと肌への負担も大きくなるためです。

【PA】
 紫外線A波を防ぐ効果を「+」によって表します。
PA++++  極めて高い効果がある
PA+++    非常に効果がある
PA++   かなり効果がある
PA+     効果がある

 PAに関しては、天気予報の紫外線の強さごとにルールを決めて選ぶといいと思います。

【参考】

■ 長時間、晴天の屋外にいる場合
PA +++ ~++++/SPF 50

■ 屋外で1~2時間過ごす場合
PA ++~+++/SPF 20~30

■ ちょっとしたお出かけ
PA ++/SPF 20

サングラスも効果あり! 

 目の細胞が紫外線によって傷付けられると脳はメラニン色素を出して防ごうとし、
日焼けにつながってしまいます。そのため、目から紫外線が入らないように紫外線カット効果のあるサングラスをかけるようにしましょう。

まとめ

日焼けをしてしまうと無駄に脱毛の時間が伸びてしまうので注意していきましょう!!

たけだ