男性のための水素・脱毛、情報サイト

茅場町に男性向け脱毛・水素サロンをオープン予定です。

MENU

体毛の濃さと男性ホルモンの関係 一度スイッチが押されたら戻らない

f:id:pegastudio:20181026165050j:plain

 男性ホルモンが活発になると体毛は濃くなり、頭は薄くなっていく、というイメージがあります。

 

男性ホルモンは欠かせない!

男性にとって、男性ホルモンは骨格や筋肉をたくましくして、男らしい体を形成するためにも必要です。

男性らしい見た目だけでなく、心身の健康を保つためにも重要なホルモンです。

まずは男性ホルモンのポジティブな面から見ていきます! 

長寿をもたらすテストステロン

男性ホルモンの大部分を占めるのがテストステロンです。

テストステロンの血中濃度が高い男性は、メタボのリスクが3倍ほど低いとの報告があります。

40歳~79歳の男性1万1606人を対象に行ったEPIC研究では、テストステロンが上昇すると、心血管疾患、癌など全ての原因の死亡リスクが低下するとの結果が出ています。

ダイヤモンドオンラインより

人間的な魅力を引き出すテストステロン

テストステロンは、チャレンジ精神や競争心を高める働きがあります。

テストステロン値が高い人は、冒険心、判断力、公平性、チームワークに優れているそうです。業経営者や政治家はテストステロン値が高いとの報告もあります。

そのため、テストステロン値が高い人はバイタリティに溢れ、モテる傾向にあります。というのも、生殖能力が高く、健康状態の良い男性がより多くのテストステロンを分泌しているからです。

テストステロンが多い男性は、女性からモテるだけでなく、男性からも支持されやすくなります。男性にも男性ホルモンのニオイを嗅ぎ分ける力があり、より男性ホルモンが多い人に魅力を感じるそうです。

悪玉テストステロンであるジヒドロテストステロン

テストステロンには悪玉の要素もあります。5αリダクターゼという酵素がテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロンが生まれてしまいます。このジヒドロテストステロンがヒゲを濃くしたり、頭皮の脱毛を引き起こしてしまいます。

この5αリダクターゼの分泌に関しては、遺伝によるものが大きく、コントロールすることが非常に難しい存在です。

男性ホルモンは必要だが過剰分泌は危険

男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうと、体毛が濃くなったり、薄毛になったり、ニキビができやすくなったりしてしまいます。このほかに気性が荒くなるといった症状も出てくることがあるので、注意が必要です。

最近は美容への関心から、男性ホルモンをいかに減らしていくかということが重要になっています。男性ホルモンの値が下がれば、ニキビや薄毛の改善が見込めるためです。

ですが、男性ホルモンが低くなりすぎると、何事にもやる気がなくなってしまうので、こちらも注意が必要です。

基本的に男性ホルモンは、低いのも高いのもダメです。

過剰に分泌させないために

男性ホルモンを適正値にするためには、基本的に規則正しい生活をしてストレスをためないことが何よりも大事です。特に睡眠は重要なので、睡眠不足にならにようにしましょう。 

またノコギリヤシのサプリメントも効果があるといわれています。ただし、毎日しっかり飲むことと、効果が出るのに半年かかるという果てしない旅が待っています…。

大塚製薬 ネイチャーズリソース ノコギリヤシ 60粒

大塚製薬 ネイチャーズリソース ノコギリヤシ 60粒

 

 また、こちらのサイトではテストステロンを増やす方法が紹介されています。これは、どちらかというと適正値に持っていくのと同じですので、ぜひ参考にしてみてください。

【豆知識】薬指が長い男性は男性ホルモン値が高い

指を伸ばして、人さし指と薬指の長さを比べてみてください。薬指が人差し指より長ければ長いほど、胎児の間に男性ホルモンの影響を強く受けて育ったと推測されます。

 イギリス心理学者、ジョン・マニング教授「二本指の法則」

 これが一つの男性ホルモンを測る目安となっています。

体毛を濃くしないために

体毛を濃くしないためには男性ホルモンの分泌を抑制する必要があります。ですが、男性ホルモンは一度スイッチが押されてしまうと、濃い体毛を作り続けてしまいます。

つまり、体毛の薄い人が濃くなることはあっても、その逆である、体毛の濃い人が薄くなることはあり得ません。

つまり、ヒゲを含めた濃い体毛をコントロールするには脱毛しか方法がないのです。そのため、体毛に悩んでいる方には脱毛がおススメです。

たけだ