働く男性のための脱毛・水素情報サイト

PEGA 脱毛・水素 Studio 茅場町店。本日も営業中~

自己紹介 - 僕は観察者


以前から載せている、プロフィールは上記からどうぞ。 

 

f:id:pegastudio:20190430032824p:plain

(書いていただいた似顔絵です)

起業するにあたり、自分を振り返る機会がたくさんありました。

やっと自分が何をしたいのか、分かった気がしています。

 

※2019年2月3日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年4月30日に再度公開しました。

 

ジャズダンサーです


僕はずーっと人前でパフォーマンスしていました。

ですが、いつも違和感を感じ、

「人前に出るのは向いてなんじゃないか?」

こう思っていました。



人前で踊るのは楽しい!!

でも、必ずしも「主役になりたい!」という訳ではない。

俳優・ダンサーは、主役を目指している人が多いので、

僕は芸能界に向いてない、と思っていました。

とはいえ、舞台の一部になれることは何よりも楽しかったです。


だからこそ欲はあって、

どんな役であっても「舞台に欠かせない」存在になりたい。

こう考えていました。


僕は、コツコツ練習するのが好き。

でも、僕よりもうまい人はたくさんいました。

ただひとつ言えるのは、ポリシーをしっかり持って踊っていました。

パフォーマンスの評価は、演出家やお客さんによって決まります。

とっても客観的なのに正解がない。

理不尽なこともあるし、とても不確定な世界で生きていました。

スター

 

中でも、圧倒的な輝きを放つ人物がいます。

それがスター。

舞台上ではっきりわかってしまうので、本当に恐ろしい。

スゴい人はたくさんいますが、スターは次元が違います。


スターがいると舞台の完成度が一段上がります。

舞台にとっては欠かすことができません。

居場所がほしい


では何を求めていたのか?

居場所でした。

自分がその作品の中に関わる意味を求めていました。


そうあるために、自分が作品にとってどの立場にいるのか、第三者の視点が常にあります。

もちろん舞台の出演者ではあるんだけど、

観察している自分はいつもいます。


なによりも、出演している作品が良くなることを1番に考えていました。


敵と思われないタイプ

 

僕は昔っから敵がいないタイプです。

あんまりライバルに見られないというか・・・。

学生時代から、いざこざに巻き込まれることもほぼなく、のほほんと過ごしていました。

これこそが自分の才能だと思います。



イケてるグループ、イケてないグループは、どの学校にもあると思います。

僕は、フラフラしているタイプ。



イケてる人ともほどほどに仲がいいし、イケてない人(失礼ですね)、不良ともほどほどに仲良かったです。

唯一、人をバカにする人だけは仲良くなれませんでした。

コミュニケーションを大事に


こういう生活をしていたので人と話すことが得意です。

僕は政治的な話も好きだし、くだらない話もします。

僕はストレートに自分の意見を言うので、カドが立つこともありますが、

大きなトラブルになることは少ないです。

 

協調できた時、舞台の完成度はとてつもなく高い

 

舞台は矛盾だらけです。

役者は、1番になりたい人たちの集まり。

でも、舞台を成功させるためには全員が協力しなくてはイケない。

自分だけ目立ちたい人が出てくると、舞台全体が壊れてしまう。



僕は作品が輝いてほしいので、そのために行動していました。

 

考えははっきりしていて、自己主張も多め


自分の意志をしっかり持っていて、貫いてしまうこともありました。

考えがはっきりしていて、「NOと言っちゃう日本人」です。

理不尽なことに歯向かったりするので、

マネージメントともめて舞台を降板したこともありました。

共演者とケンカすることもありました。



なんでこんな面倒なことをするかというと、

全員の気持ちが一致すると、信じられないほど素晴らしい舞台になることがあるからです。


こういう舞台は今でも記憶に鮮明に残っています。

達成感があって、とてつもなく幸せでした。

 

夢は演出家


僕は共演者を輝かせることができるかもしれない、と思っています。

実際、演出をやらせてもらったこともあり、自信になりました。



でも、演出というのは一つの方法に過ぎず、

僕は誰かを輝かせることが出来れば幸せなんだと思います。


なので、先生という仕事も性に合っているように思います。

英語を教えるのも、ダンスを教えるのも好き。



今のエステサロンの仕事は、お客様が輝けることを第一に考えています。

そして、いただいた時間を楽しく過ごしていただけることが大事です。

 

 

なぜ今回この記事を書いたのか?

f:id:pegastudio:20190203042918p:plain

『緑の手紙』
作者: HYEONA CHO


この漫画に影響されました。

感情があふれ、とても不思議な素直な気持ちになります。

今回は、あふれ出たものを書きました。


僕が運営しているメンズ脱毛・水素サロンの情報は下記からどうぞ。

f:id:pegastudio:20190213135858p:plain

【LINE 友達追加での特典】
初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

f:id:pegastudio:20190213140614p:plain

どうもありがとうございました!!

たけだ