30代ってもっと大人だと思ってた

英語、ダンス、エンタメ、健康な身体づくりに関するブログです。

オリンピックに関する純粋な疑問。900億さえどうでもよく思える

東京オリンピックの報道をみると毎回疑問に思うことがあります。

報道の人たちは何を言っているんだろうか…。

「無観客になるとチケット収入900億円がなくなってしまう!」と大事件のように言いますが、オリンピックの予算は当初7,300億円が現在3兆3,000億円になっています。経費をちゃんと使っていればどうにかなっただろう…、と毎回思うのです。

7,300億が3兆円3,000億円に

東京オリンピックの予算をご紹介します。2016年と2020年に発表されている数字をくっつけてみました。

東京五輪開催費用の推移

また2016年時点で、1兆3,500億円の運営費(大会経費)が2兆円程度に膨らむ懸念があるともいわれていました。そして気になるのが右側のグラフの下…。2019年年度以降の予算は含まれていません。

チケット収入の損失ってそんなに重要?

チケット販売の売上見通しは約900億円。(毎日新聞電子版:3月3日)

そのおよそ50%が海外客向けとなっています。海外からの観客受け入れ断念という報道がありました。この結果、チケット販売の収入減少は約450億円程度です。

ただ2兆5,000億円も超過した予算をみると、「え、どうにかなるんじゃ…」と思うのは金銭感覚が狂っているのでしょうか。

世界中が被害を受けている

オリンピックの経済的損失として海外から観光客が来なければ「2兆4,133億円の経済的損失がある」と日テレNEWSが1月31日に報道しています。

ただこの数字になんの意味があるのか、と思っています。

世界中が経済的損失を受けているのに、日本だけが損失を受けているというような報道に見えてしまいます。

森さんはなぜ評価される?

森喜朗さんは女性蔑視発言で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長を辞任しました。とはいえ、森さんは功績があるとされています。大会を円滑に進めるための「調整や交渉が上手い」という評価は保たれたままでした。

ただ、僕は本当に疑問なのですが、7,300億の予算を3兆円までに引き上げた人物が優秀なわけはない…。

これだけ予算をじゃぶじゃぶに膨れあげてもキレイに辞めていく森さん。そして、その周りにいる利権を吸いつくす関係者たち。森さんだけでなく、大会を運営するために働いている人たちは湯水のごとくお金を使っているのに、誰も責任をとらずに済む。

日本って本当に幸せだなー、と。

オリンピックが延期されなければ、この問題も隠れたままだったんだろうな、と思います。

正直、バチがあたったんじゃないか、と本気で思うことがあります。

スポーツが好きでもオリンピックに興ざめしてしまうのはこうした理由があるんだな、と再認識してしまいました。

このロゴ好きだったな…。

ありがとうございました。