ジャズ男(ダン)ス

英語,ダンス,脱毛,水素のブログです。目黒にメンズ脱毛サロンを運営中。

アメリカ留学中の良き理解者。聴覚障害と第2言語の英語。

アメリカに留学した時、僕の学部は留学生の新入生が2人しかいませんでした。日本人は僕だけで、もうひとりの留学生はオーストラリアから来ていました。当初英語はかなり苦労しました。

言葉でいろいろ行き詰まっていた時、「第2言語を話していることを理解してもらえた経験」が僕をかなり救ってくれました。今回は、そんなお話です。

本記事の内容


※3分ほどで読み終わる記事です。

僕はアメリカにダンス留学していました。最初はピッツバーグの大学に行き、次にニューヨークのダンススクールに編入。大学にいた頃は勉強がキツくてヒーヒー言っていました。

Jasonとの出会い

Jasonは僕のジャズダンスの先生です。Jasonは最初から少し話し方に特徴があるな、と思っていました。Jasonとの出会いの話はこちらからどうぞ。

Jasonの一番最初のレッスンは、全員の自己紹介から始まりました。

余談ですが、こういうときのために1分ほどの自己紹介は必ず用意したほうがいいです。ちなみに僕は、30秒、1分、3分の自己紹介を用意していました。あとは友達用に短めの自己紹介を用意していました。

最初のレッスンでJasonは、自分のことを話してくれました。実はJasonは聴覚に障害があり、補聴器をつけています。少し話し方に癖があったのは、聴覚障害があったからだとその時わかりました。

発音は少しわかりづらい部分もありましたが、すごく丁寧に話してくれるので、むしろ僕にとってはとても聞き取りやすかったです。

電話で話すのが嫌いなJason

アメリカ留学中の良き理解者。聴覚障害と第2言語の英語。

補聴器をつけることでかなり音が聞こえるとはいえ、Jasonは「電話で話すのが嫌いだ」と言っていました。この時、クラスで1番共感していたのはたぶん僕だと思います。

英語を話すまで全然意識していなかったことがあります。日本語、英語問わず、人の話を聞く時、音だけでなく口の形、顔の表情を見て話を理解していたということです。

しかし、電話となると音だけで理解しなくてはいけません。これは本当に至難の技で、サラーっと話す人は本当に何を言っているかわからない…。留学中、電話で話さないといけないことがけっこうありましたが、今でも苦手です…。

第2言語を話すことを完璧に理解してくれた

言葉に対するコンプレックスがずっとあったと語ってくれたJason。聴覚障害があることで話し方、発音に癖があるのが嫌だった…。そのため、限られた人としか話していなかった時期もあったそうです。

僕も英語が第2言語ということで、会話のペースについていけないと自信が一気になくなっていました。そんな時救ってくれたのがJasonです。僕の苦しみをJasonはすごく理解してくれました。Jasonのクラスで留学生は僕だけで「いつでも話相手になるよ」と言ってくれました。

Jasonの印象はストイック。生徒にもけっこう厳しかったのですが、僕は要所要所で相談に行ったり、人生の相談にも乗ってもらいました。僕はアメリカに行った目標として、いい先生を見つける、というものがありました。Jasonはダンスのスキルはもちろん、人として本当に尊敬できる先生でした。

たぶん日本にいたら絶対に出会えなかった人です。留学に行って良かったことは、現地で生活することで深い部分までいろんな人と交流を持てたことです。

僕は日本にいた頃は、先生に対してかなり距離感を持っていました。ですが、アメリカに行きこの距離感のとり方が大きく変わりました。今ではちゃんと先生でも演出家でも振付師でもちゃんとフレンドリーに話せるようになりました。フレンドリーに話せることで、ダンスのスキルを上げることが出来ていると思います。

英語の勉強法を書いています

こういった留学記を読んで英語を勉強したい、と思った方に向けて勉強法を書いています。まずは、初級から中上級までカバーできるTOEICがオススメです。

僕は、アプリで勉強できるスタディサプリ↓をおススメしています。


今回は「アメリカ人の良き理解者」について考えてみました。
どうもありがとうございました!!

【サロン情報】
東京の目黒駅にあるメンズ脱毛サロンの情報は下記からどうぞ。

LINE公式アカウント PEGA メンズ脱毛 Studio 目黒店

【LINE 友達追加での特典】
初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

たけだ